Loading…

スポンサーサイト

Posted by Kafka7 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秘薬アヤワスカ Ayahuasca に挑戦。 Day 1

Posted by Kafka7 on 14.2011 ペルー Peru   1 comments   0 trackback
アヤワスカ、、、


アマゾンの秘薬・・・

スピリチュアルドリンク・・・

シャーマン(呪術師)による治療・・・

幻覚、幻聴、幻視・・・

前世が見れる・・・

未来が見れる・・・

天国が見れる・・・




去年南米に入りアヤワスカを知った。
本当にこんな秘薬が存在するのか?

前世や未来が見えるなんて噂もあるし、
シャーマンの治療によりアトピーなどは完全に治った人もいるそうだ。

アヤワスカ=ある意味不法なドラッグ(薬物)
俺は今までそんなものは奥まで手を出したことないので、
かなり怖いが、今回の旅では確実に挑戦すると決めていた。

まさに興味本位の行動。

さて、どうなるか。。。。


アヤワスカのwikipedia ↓
アヤワスカ




4月4日

まずはリマ朝10時 「Central」のバスでプカルパ Pucallpa に向かう。50ソル。

P10405801 (2)

プカルパはアマゾンのジャングルの中。
バス移動中は海と砂漠のリマから、全長8000キロのアンデス山脈を越えて、
それを越えると熱帯地域になる。
ペルーには3種類の姿があるんだなと実感しました。すごい。 
山走ってるときは寒かった・・・空気も薄いし。


そしてこれも長い20時間後の5日朝の6時にプカルパ到着。
隣りに座っていた親切なエルミロおじさんと一緒にバイクタクシーでヤリーナコチャへ。
ヤリーナで水、トマト、バナナ、パンだけ買い、
エルミロおじさんにサンフランシスコ村まで行くボートまで連れて行ってもらい、ここで別れました。
親切だった。
最後に「アヤワスカは危険だ。気をつけろよ。」と言い残し。。。

P10405801 (3)

P10405801 (4)

もう完全にジャングルですね。泥水。

P10405801 (5)

約一時間後サンフランシスコ村に到着。

P10405801 (6)

P10405801 (7)



とりあえず進もう・・・

P10405801 (8)

P10405801 (24)

P10405801 (22)

P10405801 (23)


こ、これ大丈夫なの???

さっきから草むらのほうから変なうめき声や泣き声してるよ。。。
1人だし、勘弁してよ・・・

P10405801 (25)

P10405801 (9)

船着場から本当に真っ直ぐ歩いてたら、あった!
色んな人に教えてもらった「SUIPINO」スイピーノ。

着いたは着いたけど、開いてないし。。。早すぎた?

もう変な泣き声草むらから聞こえるし、、、
ドアの横の有刺鉄線の間から潜入。

この時ズボンの股が切れる!!Fuck!


中に入るとすごい広い敷地。


くつろぎルームにたどり着くと、招かれた。
中には日本人が2名いた。
彼らはここでシャーマンの修行をしてる人達だった。
もう8ヶ月くらいいるそうだ。


日本語話せるので少し落ち着き、
色々施設の事やアヤワスカについて教えてもらった。

このスイピーノの最高責任者でありシャーマンのロヘス氏も紹介してもらい、
奥さんの簡単な食事もご馳走になった。
またもう1人修行を受けているオーストラリア人のデビッド(仮名)も紹介してもらう。
彼とは英語で話せるのでまぁよかった。

修行している日本人の2人は
今日からアヤワスカではない薬草の修行に入るので、僕らは隔離されると言っていた。
事実、この朝以降二度と会うことはなかった。

P10405801 (19)

ここがくつろぎ部屋。キッチンもある。

P10405801 (20)

黒猫もいます。
ねずみが出るから飼い始めたそうです。

P10405801 (13)

そして部屋に案内される。
建物にはアヤワスカで見れる幾何学模様が書かれている。


P10405801 (12)


P10405801 (14)

ここにも幾何学模様。

P10405801 (15)

ここが儀式(セレモニー)の小屋。
丁度絵を書いていた。

P10405801 (16)

これが部屋の中。
一応トイレの場所をなどを確認。
先に行った旅人に夜は暗いので先に確認しておいたほうがいいと聞いていたので。

この部屋で21時からセレモニーが始まる。


因みにセレモニー1回100ソル(約3000円)
ペルーにしてはかなりの高額です。シャーマン稼ぎすぎです!
部屋代は1泊25ソル。
俺は2泊で2回セレモニーを受けることにしたので、計250ソル払う。




そして21時まで長い時間が。

ご飯は14時以降食べてはいけない。
そして塩、油、肉を使った料理は食べてはダメ。


何もしない時間。
こういう時誰かと一緒に来てたらなぁと思いました。


仕方なくipodtouchで旅人にもらった漫画ワンピースを読む。
もちろんこの施設電気が通ってないので、
充電は部屋でできないし、夜はろうそく、シャワーは水。
本当に隔離された世界だ。



そして夜20時半ころになり、
意を決してセレモニー部屋へ向かう。水、トイレットペーパー、携帯電気を持って。(後この日だけカメラも)

緊張はMAX!!

(頼むから無事に明日の朝を迎えられますように。お願いします。)
何度も心で唱えながら向かった。

セレモニー部屋に行くと暗がりの中でシャーマンが既に寝転がってる。。。
最初はなんだこのオヤジ達?雰囲気台無しじゃんと思ったけど、後でシャーマンだと知る。

シャーマンの1人が「まくらと布団を持って来い。」と言ってきた。
そしてまた部屋に戻りまくらと布団を持ち、セレモニー部屋に向かうが、
その途中オーストラリア人のデビッドと会う。

デビッド「アヤワスカを飲んだ後、4~5時間は水を飲むなよ。飲んだらアヤワスカの力が発揮されない。
口をゆすぐくらいだけならいいけど。
悪い夢を見たり、気持ち悪くなったら、自分のいいイメージを想像するんだ。Have a good Ayahuasca!」

俺「Thank you。」  
(Have a good Ayahuascaって。。。(笑)


とにかく後戻りはできない。
腹をくくって、セレモニー会場へ。

P10405801 (17)

これが部屋の中。
ろうそくの火のみ。

写真を撮る雰囲気ではない。

俺は一番隅のマット。
マットの横に洗面器。これが噂の。。。
アヤワスカを吐き出すようだ。
俺もこれ使うんだろうな・・・


横にはシャーマンの男4人くらい。
向かいには仲介役?アヤワスカを飲まないシャーマン1人。
他は欧米人の女性2人。たぶん修行してる人。

異様な雰囲気。

シャーマンたちは普通に世間話ししてる。

俺はとりあえずゴロゴロしたり、気持ちを落ち着かせてる。




そんなんで1時間くらい。。。

やっとみんなアヤワスカを飲み始める。(シャーマン含め全員)

俺は最後に回ってきた。

小さいグラスに入った液体。色は暗いから見えない。


(素敵な夢を見せてください!)

一気に飲み干す!


まずーーーい!!

もう苦いというか酸っぱいというか最悪の味。。。


とりあえず口だけゆすぐ。


(飲んでしまった・・・
はぁ~とりあえず落ち着こう。)


しばらく皆沈黙。 


俺も特に変わりなし。
一応洗面器を自分の近くに置いておく。


30分くらい経っても何もない。。。


一時間経過?


ずっと目を閉じていた。



目を閉じてると、、、
なんか見えてきたぞ。。。


指紋?


渦巻き模様の点線がぐるぐる。。。


何これ?


いっぱい渦巻きが増えていく。


これがヴィジョン?


しばらくすると完全に聴覚がおかしいことに気づく。


意識がなくなり寝そうなると超音波みたいに耳が鳴る。
ギュイーンとね。


うぉー効いてる。 


その後はハッピーな世界が見えてきた。
鳥や動物が面白く大地を駆け巡ってる。
太陽、月も今まで見たことのないような大地で笑ってる。

すごいなこれ!(意識はある。)


日本の友達を想像すると、
顔だけバッタの足のほうでピョンピョン飛んでるし。

思わず笑いを噴出しそうになる。でも笑いを堪える。(こういう意識はある。)

その後は先ほど読んでいたワンピースの主人公ルフィ登場!
ワンピース読んだ人にはわかると思うが、
あの懸賞金1億ベリーと書かれたルフィの張り紙の顔。
麦わらを被った笑顔のルフィ。

ルフィが「楽しいなぁー!!」と声をかけてくる。
俺も「そうだね、楽しいねぇ!!」と答える。
二人でメリーゴーランドで遊ぶ。

もう静かなジャングルにある部屋の俺の笑い、というかニヤケは止まらない。

(俺、完全に決まってる!)と心ではずっと思った。

その後はアンタッチャブルのザキヤマも登場し、かなり盛り上げてくれる。
その度に笑いが。。。


そんなこんなでハイになってると、
いきなりシャーマンが歌いだした。

。。。


その歌で今までの楽しい風景が乱れていく。
自分で立て直そうとイメージしても、全然だめ。。。

(えーもう終わり!すごい楽しかったのに!シャーマンめ~笑)

なんか暗い感じのイメージが続く。


シャーマンの歌はずっと止まない。
(というかどこで息づかいしてるんだ?とにかく長いな歌。。。)

でも居心地がよい。
大きな鳥がずっと大地を飛んでいる。



そこへ急に仲介役が話しかけてくる。
「どうだ調子は?大丈夫か?」

変な意識の中で、起き上がり、「はい。大丈夫です。」

でも体に力が入らない。とにかく目を閉じてよう。


歌は止まず、なんか他のシャーマンも歌ってるような。
どこから聞こえてるんだ。


なんだこの歌声。シャーマンみんな歌ってる???
部屋中あちらこちらから歌声が聞こえる!!



もう完全に耳がおかしい!!



やめてくれ、歌を。。。



幻聴?もう全ての音が変な感じに聞こえる。



(歌をやめろ!!)




だめだ!吐く!!



自分でも自分でどこからこんな声が出てるんだ。

ウェェェェェェ!!!

何も食べてないのに体の奥底から何回も何回も吐く。


何回吐いたか・・・


気づくと歌は止み、
洗面器に向かって正座してる俺。。。

もう手がしびれてるし、体がゆうことを効かない・・・
何か音が聞こえるものなら、その音が足先に触れ足先がしびれる。


とりあえず口を拭こうと手探りでトイレットペーパーを探す。
水のキャップもなんとか開け、口をすすぐ。。。


とにかくすごい。
摩訶不思議体験というか、なんなんだアヤワスカといいシャーマンは。
ただただ驚くばかり。


とにかく横になろう。。。


時間を見たら3時間以上経過していた。
いつの間にこんな時間が。。。



その後、また歌うシャーマン。

これが実に居心地がいい。
また大きな鳥が飛んだり、大地に降りてずっと夕日が落ちるのを見てる感じ。


あ~最高だぁー


歌が終わり、ぐたっとしてると。
シャーマンが俺の横に来た。


「どうだ?調子は?今のはコンドルの歌だ。コンドル見えたか?」

(すげぇ!!あれはコンドルだったのか!!すごいシャーマン!!)

「はい。」と頷き、今度は俺の横でシャーマンが歌いだす。

とても気持ちが落ち着く歌。

歌が終わるとシャーマンはタバコ?みたいなものを吸って煙を俺の足先から顔に吹きかける。
それを2回やり、最後は強く顔だけに吹きかけてくれた。

シャーマン「よし、これで大丈夫だ。」

(有難うございます。)


しばらく落ち着きトイレに行くこともできた。



そのまままた目を閉じた。。。





気づくと朝の7時半。


周りに誰もいない!
とても静かな朝。


(なんだったんだろう?昨日は?夢だったのか?)


洗面器の中を覗くと、泥水が3cmくらいたまってる。。。
なにこの色?
今までの人生で溜まった邪悪なものが出た感じ。。。



そして部屋に帰り少しまた眠りました。
(なんだったんだろう昨日は???)
本当にこの一言が頭の中で何回もよぎりました。


アヤワスカ Day2に続く・・・


ランキング参加しました。読んだらクリックお願いします→
スポンサーサイト

このコメントは管理者の承認待ちです
2016.05.26 01:46 | | # [edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://missingpiece325.blog84.fc2.com/tb.php/61-12f56133

プロフィール

Kafka7

Author:Kafka7
世界一周旅行から9カ月。

リベンジの中南米の旅を始めて、
250日後無事日本に帰りました。

最新トラックバック

旅の足跡

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。