Loading…

スポンサーサイト

Posted by Kafka7 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワイナポトシ Huaynapotosi 6088m

Posted by Kafka7 on 10.2011 ボリビア Bolivia   5 comments   0 trackback
3月2~3日





ワイナポトシ山。。。

標高は6088メートル。

ラパスから1泊2日ツアーで行ける山。

値段はUS80ドルくらい。

世界で一番「最短&低価格」で初心者が6000メートル級の山に挑戦できるツアー。

アイゼン(靴につけるスパイクみたいなもの)、ピッケル(雪の斜面を登るとき使用するもの)必須。




色々去年から噂は聞いていた。

しかし去年はそんな登山なんてする気なかったし、時間もなかった。
今回旅に出る前から気になっていたいたが、せっかくだしやってみるか。
富士山登ったことあるけど、雪山は初挑戦!

そして今回飛鳥君が俺が来る前に挑戦していて、その時は6040メートルで悪天候のため降りてきたそうだ。
飛鳥君がリベンジでもう一度挑戦するようで、俺も加わることにした。

またもう一人、ポトシで会ったまゆこちゃんも加わり日本人3人で挑んだ。

Travel Trackという会社で630ボリ(約7600円)
ここの会社スタッフやガイドも親切だし、貸してくれる道具もよかった。
いいツアー会社を選べたのは飛鳥君がいてくれたからだろう。感謝します。

P1000969.jpg

朝9時半集合でワイナポトシのスタート地点へ向かう。

出発前の3人。まだまだ元気。  

この先に地獄が待ち構えていようとは・・・(俺だけね)

P1000982.jpg

スタート地点の小屋に到着。ここで確か標高4800メートルくらい???
寒い・・・

ここで軽くお昼を食べて、お着替えして出発。

まずは明日のトライのため宿泊する小屋まで行く。

P1000984.jpg

雪山・・・ 登ったことないぞ・・・ 大丈夫か・・・

P1000987.jpg

こんな道を登る。

P1000996.jpg

ここでも過酷過ぎる・・・

雪山・・・しんどい・・・

P1010001.jpg

これが俺の荷物だけど重い。。。
これを背負ってるのがかなり負担になる。

やはりゴロゴロパッカーなので、リュック筋がついてなかったか・・・

P10100061

ガイドのフェリッペと飛鳥君はペースが早い。どんどん先に登っていってしまう。
そしてもう一人のガイドのサビーノとまゆこちゃんはゆっくり最後から尾ける。
まゆこちゃん女性なのに頑張るな。
(写真は上から撮ったまゆちゃんとサビーノ。霧に隠れてるがよく見ると見えますね。)

俺はその間を一人で歩く。ガイドいない。
さすがに前の飛鳥君、後ろのまゆちゃんが見えなくなったら不安になる。
誰かの足跡を頼りに行くしかない。
遭難する可能性あるんじゃ!と何回も思った。

P10100101

足跡だけが頼り・・・

P10100141

途中で何回も休憩。
超辛い・・・

P10100151

少し晴れてきたか。

P10100251

なんとか遭難せず小屋に到着。
下から2時間くらいで着いた。

P10100261

標高は5130メートル。
ついに人生初5000メートル到着!

P10100271

小屋の中。ここでご飯を食べ17時~18時ごろに就寝し、
翌朝午前1時から、頂上を目指すトライが始まる。
朝は日が昇り雪崩が起こる可能性があるからだ。

P10100211

すごいいい景色!!こんな雪山見たことない。

P10100221

雪だるまとかまくら。誰が作成???




ここからが地獄の始まり。

着いてホッとしてたら、目がしばしばする・・・
視力が低下してる・・・

そういえばここまで来たとき日が出てなかったからサングラスをしなかった・・・
雪山は曇りでも紫外線が強いことを知らなかった。
完全に「雪目」になってしまった。しばしばして、周りが見えない。

翌朝は更に最悪になっていた。

目が見えなすぎて自分の靴の紐が結べない・・・視界が悪すぎる・・・

また前日の夜はお腹も痛くなり凍える中トイレでゲリゲリ、
ついにここで高山病か???と不安で寝れなかった。

そういうことも重なり精神的にまいっていた。
ガイドにも目のことは相談したが、とりあえず出発してみることになった。

翌朝のトライはガイドに腰で繋がれて登山する。
ガイド→まゆこちゃん→俺 の3人で向かう。

飛鳥君はサビーノとペアで臨んだ。



漆黒の闇。
頭にヘッドライトを付け雪山を登る。

一番先頭で出発したものの、俺はかなり辛くて何回も休憩をとってしまった。
どんどん他の登山者に追い抜かれる。

1時間後くらいについに俺は膝を付いてしまった。。。
もうお腹もパンパンで痛い。吐き気もしてきた。

だめだもう行けない。

まゆこちゃんごめん。俺は下ります。 5300メートル付近で死亡・・・

まゆこちゃんは飛鳥君ペアに繋がれるしか登頂する方法がなく、
彼らはペースが早かったのでまゆちゃんはついていく自信がなく俺と下ることになった。

まゆこちゃん、ごめん。

帰り道は悔しくはなかったが、

「雪山に呼ばれてなかったのか・・・」
と頭の中で呟いていた。

去年はパタゴニアでトレッキングなどして楽しんでいたが、

トレッキングと登山・・・
次元が違う・・・

精神的、身体的にも万全でなければ登山はできない。

お呼びでなかったか。。。

去年一緒に旅しただいすけ君はアコンカグアやその他の山を一人で登り、
何も語らずいたが、こんな事一人でやっていたとは・・・
信じられん。。。


俺にはマラソンランナーの方がお似合いだろうか。

無念なり・・・参りました。ワイナポトシ6088m・・・






P1010045.jpg

そして脱落組みは同じ宿に帰り少し寝る。飛鳥君の登頂を願いながら。
が、早朝はめちゃくちゃ寒い。寝たら凍死するんじゃ。。。

朝6時寝袋から出て外に出てみる!
外のほうが暖かい!
そして最高の晴れ間。これなら飛鳥君成功できるんじゃ!!

写真は昨日向かった道。
暗闇だったが、こうしてみるとすごい所登ったんだな。

P1010047.jpg

P10100481

5130メートルから見る朝日もいいです。ここに来ただけでも価値ありでしょう!

P10100561

P10100621

P10100641

登頂に成功し降りてくる人も見える。
始めに帰ってきた、ドイツ人らしき人と話した。
相当喜んでいた。彼と話してたら、今まで感じなかったが「悔しさ」が出てきた。

P10100651

P1010066.jpg

お気に入りの一枚。一眼ではなく防水カメラでですが。

P10100681

記念撮影。(まゆこ氏撮影)

この時、無線連絡にて飛鳥君が登頂したと教えてもらった。
よかった。本当におめでとう!!

P10100721

そして脱落組みはこれから帰ってくる人で邪魔なので、お先に降りる。

P10100761

まゆこちゃん、いいショット撮りましたよ。
(雪)山ガールだね!!

P10100771

P1010078.jpg

P1010082.jpg

雪山は天候がすぐ変わる。晴れたかと思えば、すぐ霧になったりする。

本当に雪山は恐ろしくもあり、色んな事を教えられる。(雪目になったしね。5日間くらい治らなかったよ。。。)


本当にこの2日間いい経験になりました。 

P1010085.jpg

下で記念撮影。皆様お疲れ様でした。

次はみんなで富士山行きましょう!!ムーンウォークでね!!笑

スポンサーサイト

お疲れさまでした^^
この景色見れたのは最高ですね。
写真ではどう頑張っても10分の1も伝わらないスケールのでかさ。
締め付ける様な寒さや空気の薄さ。
山で食べるご飯のうまさ。
日が昇る瞬間。
すべて最高です。
りょうすけ君がガチ登山を体験して何かを感じてくれて嬉しいです。
僕もモンブラン登っ時下山後2日くらい目が見えなくなりました。
でも時間と共に治るので安心を。
南米引き続き健康で楽しんで下さい!
2011.03.10 15:11 | URL | だいすけ #- [edit]
そんなツアーがあったとは知らなかったです。
いいなぁ、俺も登りたかったです。
次回南米に来たときはぜひ挑戦してみたいですね。
お疲れ様でした!!
2011.03.11 11:52 | URL | miya #- [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011.03.11 13:25 | | # [edit]
だいすけ君

雪山険しかったけど、いい経験になりました。
過酷さの果てに素晴らしい感動があるんだろうね。
それは体験できなかったけどいつか経験したいものです。
だいすけ君も引き続き、山に挑戦し続けてください。

今は日本は大変なことになってますが、大丈夫ですか?
2011.03.16 01:47 | URL | Kafka7 #- [edit]
miyaさん

このツアーは去年から知ってました。
登頂できなかったけど、いい思い出ができました。
かなり過酷でしたけどね・・・

いつか挑戦してください。

今日本は大変ですが、ご家族、友人は大丈夫でしたか?
2011.03.16 01:51 | URL | Kafka7 #- [edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://missingpiece325.blog84.fc2.com/tb.php/39-4edf17f8

プロフィール

Kafka7

Author:Kafka7
世界一周旅行から9カ月。

リベンジの中南米の旅を始めて、
250日後無事日本に帰りました。

最新トラックバック

旅の足跡

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。