Loading…

スポンサーサイト

Posted by Kafka7 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

危うし!パラグアイ入国

Posted by Kafka7 on 08.2011 パラグアイ Paraguay   4 comments   0 trackback
3カ国目パラグアイに行くため、朝9時アルゼンチンのプエルト・イグアスを出る。
目指すは国境の街シウダーデルエステ。

パラグアイに行くバスだから、どうせおんぼろなんだろうと思っていたら、
立派なバスが来た。8ペソ払い乗る。乗る前に運転手に「パラグアイ入国審査したい。」と告げ、
ジェスチャーでパスポートに判子を押すアピールしとく。運転手も「わかったよ。お前スタンプ必要なんだな。」
みたいな事を言っている。
イグアスはブラジル、アルゼンチン、パラグアイの国境があるため、結構入出国は曖昧だ。
たぶんこの辺りに住んでいる人はスタンプなど要らないので、バスは入管を停まらないで行くことがある。
観光客はスタンプを押してもらわなければ、不法入国になるので必ずどこにいくにもスタンプという証が必要。(例外もあるが。)
ということもあるので、念を押して聞いたのだ。

「よかった。これで安心していける。楽勝だな。」



しかし、後にこの考えが甘かった。



早速アルゼンチンの出国審査に到着。
ここでバスは乗客がみんな集まるまで待っていてくれた。
やっぱりアルゼンチンのバスはスムーズだし、いいな。よしよし、このままパラグアイ楽勝だな。

そしてバスはパラグアイに向かう。途中ブラジルを通らなければいけないのだが、このバスはパラグアイ行きなので、入国審査などには一切寄らない。バスでブラジル通過。

P1010751.jpg

一時間後にパラナ河が見えた。ここを渡ればパラグアイ。(バスで通過。)

P1010752.jpg

シウダーデルエステ到着。
すごい混んでる。ブラジル~パラグアイを行き来してる車で大渋滞!
この街は南米の秋葉原と言われていて、電化製品が安い。
日本のカメラも安く売られているらしい。旅人は必要な電化製品を揃えるには最善の場所。
日本外務省のホームページだと危険地帯らしいが。まぁどこも国境の街というのは危ないところが多いね。

今停まっている宿のオーナーいわく、最近ブラジル人がノートパソコンなどを20、30台買いそれをブラジルに帰って倍以上の値段で売っているらしい。もちろん持ち込む時税金がかかるがそれをうまく逃げたりしてる人もいて、年々関税を上げるなどして取締りが強くなっているらしい。

そして俺のバスだが、
到着したが車で混んでいるため、100メートル先くらいにバスを停めた。
ぞろぞろ降りていく客。俺もそれに続いた。一応運転手にパラグアイの国境だということを確認。

早足でパラグアイの入国審査の場所まで向かう。

少し歩いてみたが、




ちょっと待てよ、、、、




バスの乗客全員降りてなかったよな・・・







まさかバス行かないよな・・・

バスには俺のメインバッグが入っている!!


不安になりながら、100メートルを振り返りながら歩く。

もう少しで着く!



が、




行きやがった!!!!




Fuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuck!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!




でもとりあえず入国スタンプだけは貰わないと!
走っていったら案の定だれも並んでいなく、荷物検査なし1分で終了。パラグアイ緩すぎです。


しかしバスが!!


やはり行ってしまっていた。
甘かった。よくよく考えればわかることだ。
アルゼンチンのバスを完全に信用してしまっていた自分。
気持ちが緩んでいる。


走っているとタクシーの兄ちゃんを発見。
セニョール!助けて!
「私のバス。出発。アルゼンチンからの。私の大きい荷物。出発。」
めちゃくちゃなスペイン単語をならべ、もうアピール!!
事態がわかったらしく、とにかくバスターミナルに行こう。バス会社は?
などなど質問してくれてすごい親切。
俺は「Rapid por favor」(急いでお願いします。)しか言えなかった。。。

飛ばす兄ちゃん!!

5分くらいでバスに追いつく。

おおおおおっっっ、助かった。。。。


そのままバスターミナルに行ってもらった。
まじで助かりました。おかげで無駄な30000ガラニ(US6ドル)を消費。

そしてアルゼンチンからのバスが来て荷物回収。
ここで、運転手に「何考えてんだよ!先に行くなら言えよ!」
と言ってやりたいが、スペイン語を話せない。また話せない自分も悪いのかと思う。

これが南米だよな。

つくづく思い知らされました。

バスターミナルに着いたので、そのまま目的地である「イグアス日本人移住区」に向かうためバスを探す。
ここに行くには首都アスンシオンに行くバスに乗り、国道のキロポスト41キロ地点で降りなければならない。
ややこしい。
アスンシオン行きのバスに「41キロ地点まで行きたいです。」と伝えるが、「アスンシオン直行だから行かないよ。あっちの会社が行くと思うよ。」などど5社くらいたらい回しにされる・・・
さすがパラグアイ。こういう国ですか。

もう面倒くさいと思い、バスが到着する付近で一呼吸していたら、前に青年が。
「41キロ地点行きたいんだよね~」とやる気なしで聞くと、「行くよ!」と言った。
そして俺の荷物を持ってバスに収納しようとしてる。大丈夫かな。

バスの行き先見たら、「San martin」と書いてある。

どこやねん!

もういい疲れたから、ちゃんと行ってね。頼むよ。(さっきのバス事件でくたくたになっている。)

おんぼろバスは市街地を抜け、国道に入る。

確か情報だと一時間くらいで、「super mercado41」の看板が左に見えたら降りる。

しかし一時間経っても見えてこず・・・・
(通り過ぎた???)

いやいやまだだ。なんて思っていたら、
途中から乗ってきた横のおじいさんがスペイン語で「日本人か?日本の街に行くのか?」
後は何か言っていたが、これだけは聞き取れた。「はい」と答える俺。

その後おじさんずっと頭を左右に動かして景色を見ている。

探してくれてる。

なんと親切。昔から日本人と縁があるのか。

20分位して、なんてことない。バスに乗せてくれた青年が「41キロに着いたぞ!」
と前から俺のところまで来て言ってくれた。
案外いいやつなんじゃないの! 
パラグアイ人・・・ まだ一泊目しかしてないけど、なんかやさしい。

おじいさんに笑顔で別れを告げ、到着。

そして有名な「ペンション園田」に行きたいけど、どこなの???

近くにおばちゃんが居て聞くと「ソノダさん?この道真っ直ぐよ。」と陽気に教えてくれる。やはり感じがいい。

P1010780.jpg

やっと到着。  しかし、、、、、


次回に続く。。。。 

長文で疲れました。笑

スポンサーサイト

イグアスの国境の辺りやエステ市への国境付近はバスも停まったり
停まらなかったり、入国審査終えて来たバスに乗ろうとしても
違うバス会社のチケットだからダメだったり、とにかく時間がかかった!!
荷物の件は大変でしたね。。。
相当焦ったことでしょう(笑)

日本人居住地は行かなかったので、
日記楽しみにしています!
2011.02.08 07:50 | URL | miya #- [edit]
うけたわ(笑)
私はイグアスから船で名前もわからん田舎町へパラグアイinしたからシウダーデルエステでは入国せんかったんやけど、油断できんね~。

続き気になる。
2011.02.08 21:27 | URL | わっきー #- [edit]
miyaさん

本当にあそこはわからない。もう少し観光客のことを考えて欲しい。
去年ブラジル入国の際は、
次のバス来るから入国審査終わったらあそこでこのチケット持って立ってなさい。
みたいに言われて、楽だったんですけどね。
パラグアイはそうはいかないんでしょうね。アルゼンチンはパラグアイをナメてるのかな?
ハプニングもありましたが、無事に来れたのでよかったです。
2011.02.09 06:12 | URL | Kafka7 #- [edit]
わっきーさん

ウケてくれた?笑
一応3ヶ月堺にいたので、関西弁でますよ!笑
とにかくここに来れてよかった。この先もどうなるやらね。。。
ここはのんびりしてて、いいですよ。
2011.02.09 06:15 | URL | Kafka7 #- [edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://missingpiece325.blog84.fc2.com/tb.php/23-c019d862

プロフィール

Kafka7

Author:Kafka7
世界一周旅行から9カ月。

リベンジの中南米の旅を始めて、
250日後無事日本に帰りました。

最新トラックバック

旅の足跡

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。