Loading…

スポンサーサイト

Posted by Kafka7 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キューバ 2/5

Posted by Kafka7 on 18.2011 キューバ Cuba   0 comments   0 trackback
8月7日

朝7時40分、ハバナのイングラテラホテルから出るミニバスで、
キューバ第2の都市「サンティアゴ・デ・クーバ」に向かう。51CUC(約4300円)

着いたのは夜11時20分。  
すごい遅い。完全に失敗だった・・・
ハバナからVIAZULの夜行バスで来たほうがよかった。
高級ホテルの「メリア・ホテル」に着く。
ハバナの宿で紹介してもらった宿にウエズミさんが電話するが、
空いてなく、他の場所を紹介してもらい、なんとか到着。

P1060840.jpg


[Casa de Sureya] という素敵な奥さんと旦那さんがいる家。
ハバナではCasaでご飯は頼めなかったが、
この辺りから朝食(3CUC)、夜食(7~8CUC)でキューバの家庭料理を食べれる。
へたなレストランに行くより全然いいので、俺たちはいつも家庭料理を食べてた。

P1060842.jpg


朝食。

P10608741 (11)


夕食。
ランゴスタ(伊勢海老)キューバやカンクンなどのカリブ海ではランゴスタを使った料理が有名。
そして美味しいです。


街並み。

P1060844.jpg

昔列車が走っていたらしく、石畳の道に線路の跡が。

P1060853.jpg

P1060854.jpg

P1060864.jpg

P10608741 (1)

P10608741 (4)

P10608741 (5)

P10608741 (6)


意外と落ち着いてる街。
日本語で「イチロー!マツザカ!」とか言われることが増えてきた。
第1回WBC決勝でキューバはマツザカに完全に押さえられたので、鮮明に残ってるんでしょう。


P10608741 (2)

P10608741 (3)


ウエズミさん、楽器を習う。
そして購入。さすが元吹奏楽部。



P10608741 (7)


VIAZULのターミナル前に、大きな広場がある。

P10608741 (8)


この広場の近くに野球場がある。


キューバ = 野球 


というイメージが一番強い俺は是非見てみたかった。

中は写真撮影禁止だが、見学可能。
キューバにもリーグ(毎年10月か11月に開幕?)があり、ここサンティアゴ・デ・クーバはキューバで2番目に強いらしい。確かチームは全部で16くらいあったような。もちろん皆さん公務員。
オリンピックに出るような選手は各球団に1人くらいと。

見学してたが丁度練習が終わったようで、皆さんストレッチなどして仕上げに入っていた。
それを見てると選手の1人が近寄ってきて、「帽子とユニフォームを買わないか?」と聞いてきた。
これには驚いた。そんな物まで売ってくるとは・・・

日本の無名のプロ野球選手が、「俺のユニフォーム買わないか?」と言ってきてるようなもんである。

さすがキューバ。違うな・・・


俺はユニフォームに興味がなく、ウエズミさんが買った。


P10608741 (9)

ユニフォームは新品ではなく2,3回着たようだ。
国から支給されてるのに、いいのかね・・・
でも彼がもし有名な選手になったら、プレミアがつくのか・・・?

これでは終わらず、野球チームのお世話係をしてる青年が俺に、
「みんなのサインが入ったボール買わないか?」と言ってきた。

これはある意味日本のプロ野球で考えると、、、一番がハバナのチーム[Industrjales](東京巨人)で、[サンティアゴ・デ・クーバ]は(阪神タイガース)

なので阪神タイガースの一軍選手全員の直筆サインボールを買うようなものである。
それならいいかと、承諾し、夜中待ち合わせをして買った。5CUC(約420円)

P10608741 (10)


彼がお世話係の青年。いいやつだったな。


P10608741 (16)


買ったは買ったがよくみると、これ全部あいつが選手のふりして書いたんじゃ・・・
字体が一緒だもん・・・
まぁいいか・・・ある意味いい土産になったよ・・・





夜は、「Casa de la Trova」という老舗の店にトローバ音楽を聞きに行った。
見たことないけど、映画「ブエナ・ビスタ・ソシァル・クラブ」のミュージシャンを輩出した場所で有名らしい。

P10608741 (12)

P10608741 (13)

P10608741 (14)

P10608741 (15)


サルサとか全然興味ないから、なんの音楽やってるのか分からないけど、
みんな音にあわせ踊ってました。
踊れる人はかっこいいよな。
たまにうまい人が入ってくると、みんなはけて見続ける。
確かにうまい人はオーラが違う。それくらいは分かった。





世界遺産のモロ要塞。
タクシー2人で10CUC。(見るまで待っててくれる。)

P10608741 (17)

P10608741 (18)

P10608741 (19)

P10608741 (20)

P10608741 (21)

P10608741 (22)

P10608741 (23)


海も綺麗で、「カリオストロノの城」みたいだった。




8月10日
朝8時のバスでキューバ最東部にある街バラコアに向かった。15CUC
1511年にスペイン人征服者ディエゴ・ベラスケス・デ・クエリャルにより築かれたキューバ最古の街。
今年で500周年。
コロンブスが「世界最大の美」と賞美した場所らしい。


途中に休憩した場所。

P10608741 (24)

P10608741 (25)


海が綺麗。。。



バラコア・・・

P10608741 (33)

P10608741 (36)


静かな街並み・・・

P10608741 (34)

今年で500年。


こんな家も!

P10608741 (35)
 
ここに2000年、2004年、2008年の砲丸投げのオリンピック選手が住んでるらしい。
普通の民家なのに・・・
こんなの他の国ではあり得ない。。。

やはり違うなキューバは・・・


P10608741 (26)

P10608741 (38)


海岸で泳ぐキューバ人。


要塞を改装したホテル「EL Castillo」に行く。

P10608741 (29)

P10608741 (30)

P10608741 (28)


大きく弧を描く湾に囲まれ、ヤシの葉が太陽の光を反射して輝く様子を見て、
コロンブスが「世界最大の美」と言ったらしい。

P10608741 (27)


背後にはテーブルマウンテンのユンケ山がある。

確かに美しい。


コロンブスの十字架。

P10608741 (31)

P10608741 (32)


1492年コロンブスが2回目の航海の時に、バラコアにたどり着き、
港にこの十字架を立てたらしい。


夜も散歩した。

P10608741 (39)


P10608741 (40)


バラコアにも「Casa de la trova」があったが、
しょぼかった。変なキューバ人が多いし、あんまり楽しくない。

キューバ人、まじでインド人並みにウザイ奴が多い。

そんなこんなでバラコアに一泊し、
サンティアゴ・デ・クーバ経由トリニダーに向かうのだった。


ランキング参加しました。読んだらクリックお願いします→


スポンサーサイト


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://missingpiece325.blog84.fc2.com/tb.php/111-70362d94

プロフィール

Kafka7

Author:Kafka7
世界一周旅行から9カ月。

リベンジの中南米の旅を始めて、
250日後無事日本に帰りました。

最新トラックバック

旅の足跡

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。