Loading…

スポンサーサイト

Posted by Kafka7 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キューバ 1/5

Posted by Kafka7 on 18.2011 キューバ Cuba   0 comments   0 trackback
8月4日~8月19日


カンクンからキューバに向かう。



CUBANA AIRにて272ドル=\22000円とかなり安い。 
カンクンの空港で、別にツーリストカード(240ペソ)、
帰ってくるときのメキシコの入国税(262ペソ)払う。

しかしこのCUBANAはぼろぼろのロシア製の飛行機。
いつ落ちてもおかしくないと言われている。
車内で煙が舞うという噂もあるが、行きは煙が出なかった。(帰りは出た。)
安いのはいいんだけど、こりゃいつか落ちるぞ。


CUBANA

P10600111 (1)

P10600111 (2)


ところどころロシア語が目立つ。確かに座席とか古い。


P10600111 (3)


座席のこの狭さ!

変な音と共に離陸。

怖い・・

P10600111 (4)


カンクンのホテルゾーン 


無事帰ってこれるだろうか・・・


一時間半後になんとか到着。

入国審査
海外保険の証書を見せろと言われた。もう保険が切れてるけど、
適当に日本語の証書見せたら大丈夫だった。

P10600111 (5)


まずは両替。
ATMはカードが飲み込まれると聞いていたので、
今回は大量のメキシコペソを事前に下ろしてきた。

キューバのお金は2種類。

P10600111 (50)


CUC(クウク)=観光客は基本このお金を使う。キューバ人も持っている。

P10600111 (52)

P10600111 (53)

P10600111 (54)


CUP(モネダナショナル)=キューバ人民ペソ。キューバ人専用のお金。
観光客も両替でき、普通に使える。
3人民ペソの紙幣と硬貨は、チェゲバラがモデルとなっている。

メキシコペソを両替するが、1CUC=13.0663ペソ 1CUC=約85円の買い。
ウエズミさんは日本円を交換。(何故かキューバでは日本のお金両替できる。)
1CUC=約80円で買える。
日本円のほうが全然お得。ユーロ、カナダドルのレートもいい。
アメリカドルは10%の手数料がかかるので最悪。

両替を終えタクシーでセントロに行こうとするが、料金は固定で25CUC(約2100円)
高いな・・・
なんとなくエスカレーターで2階に上がり出国のゲートでタクシーをつかまえたら、15CUCで行けるとの事。(本当はここでは客を拾ってはいけないらしい。乗った瞬間、警察が近づき運転手に何かを注意してた。)



とにかく空港を脱出し、
首都のハバナセントロに向かう。



全く事前に宿を調べてなかったので、
タクシーの運ちゃんに紹介してもらう。


キューバにはもちろんホテルはあるが、
安く済ます旅行者は「Casa Particular」というキューバ人の家に泊まる。(もちろん国が許可してるところ)
日本でいう「民宿」です。

P10600111 (51)


これが「Casa Particular」の看板。こういう看板が街のあちらこちらに。
(赤色もあるが、それはキューバ人の観光客用)




Pilarさんのお家。Barcelona#107
2人で20CUC(1700円)

P10600111 (6)

Pilarおじさん英語話せたのでよかった。
キューバ人のスペイン語は何言ってるかわからない。
ほぼ話せるウエズミさんでも聞き取り不能・・・




早速街を散歩。

P10600111 (7)


宿の近くにカピトリオ(旧国会議事堂)
カピトリオはデカイので、すごい目印になる。



ここが世界遺産ハバナの街並み。

P10600111 (10)

P10600111 (28)

P10600111 (24)

P10600111 (27)

P10600111 (23)

P10600111 (8)

P10600111 (9)



行きのタクシーに乗ってるときから思ったが、
古い町並み。
80年代初期にタイムスリップしたような感じ。
俺はヒッチコックムービー(白黒の)を思い出した。



P10600111 (34)

P10600111 (11)

P10600111 (12)

P10600111 (19)



クラッシックカー。。。
すげぇ。。。まだこんなの走ってるの。。。
こんなの見れるのは、キューバだけだろうね。
マニアにはたまらないだろう。


P10600111 (13)

P10600111 (14)

P10600111 (15)


バー「Floridita」

かつてヘミングウェイが通っていたバー。


P10600111 (16)


ヘミングウェイの銅像がある。
ここにいつも座っていたそう。

312560_10150279205863101_677798100_7949024_4527351_n.jpg

一応、記念写真。(何故かかなり色黒な俺。。。)


P10600111 (17)


モヒートを作っている。(ラム酒、ライム、ソーダ水、砂糖、ミントの葉を使ったカクテル。)

P10600111 (18)


ヘミングウェイが飲んでいた砂糖抜きダイキリ(ラム酒とライムジュース)のフローズン「パパ・ヘミングウェイ」を頂く。


P10600111 (29)



ハバナクラブ(Havana club)の博物館にも行った。入場料7CUC(約600円)

P10600111 (30)


英語のガイドが説明。

P10600111 (31)

P10600111 (32)

P10600111 (33)


因みにラム酒といえば、Bacardiバカルディも世界的に有名だが、
実はバカルディはキューバ生まれ。
キューバ革命後にバカルディ一族がプエルトリコに亡命したため、
キューバではハバナクラブと名前を変えた。
バカルディはプエルトリコのラム酒と今ではなってるそう。




P10600111 (20)



キューバの葉巻。


腹が減ったのでご飯を食べる。

その前に銀行で10CUCをCUP人民ペソに両替して270CUPにした。
人民ペソで食事をしてみよう。

P10600111 (21)

P10600111 (22)


オビスポ通りにて、チャーハンを見つける。
これが10CUP=約35円 まずいけど、安っ!

P10600111 (36)

P10600111 (35)


かわいこちゃんがやってるピザ屋。
これが15CUP=約50円


その他、ソフトクリームが1CUP(3.5円)でも買える。


安く旅をする人は、このCUPで食いつないでいるのだろうか。
しかし安いけど、毎日食べれるようなものではない。

P10600111 (25)

P10600111 (26)


郵便局でゲバラの切手が売られている。店員はやる気ない。
ウエズミさん購入。

P10600111 (37)


船に乗り対岸へ。0.5CUP(2円以下) 安っ!!

P10600111 (38)

P10600111 (39)


対岸にはチェゲバラの住んでいた家がある。入場7CUC(約600円)


P10600111 (41)


デスク

P10600111 (43)


寝室

P10600111 (47)


愛用品(マテ茶の茶器もあった。さすがアルゼンチン人)

P10600111 (42)

P10600111 (46)

P10600111 (44)

P10600111 (45)


ゲバラの絵や写真。


P10600111 (40)

315456_10150279208428101_677798100_7949081_7117321_n.jpg


屋上からの景色もよかった。


夜はウエズミさんの知り合いのM君(商社勤務キューバ駐在員)に会って、
M君の車でキューバを走る。

レストランは歩き方にも載っている「El Aljibe」

P10600111 (48)

P10600111 (49)


キューバの伝統料理が食べれる。食べ放題。
豆が美味しかった。



M君から色々キューバの事を教えてもらった。
社会主義なので本当に理解できないところが多い。


あんまりここでは書けないが、
今食べたレストランなどは全て国が管理している。
民間がやってるレストランなどまずありえないという。
従業員は公務員ということになる。
銀行の職員、切手を売っていたおばさんも全部公務員だろう。
その代わり、学校の授業費、医療費は全て無料。

そして物が全然ない。インターネットはほとんど使えないに等しい。
国際電話などは盗聴されてるだろうし、車もナンバーの色でしっかり管理されている。
ベネズエラよりひどい。。。

う~ん、やはり違うなキューバは。

それと治安がいいです。
夜中見た目怖いけど、全然歩いても大丈夫。女の子1人で歩いても平気でしょう。
スリや置き引きなどはあるらしいが、
基本的にキューバ人が観光客に犯罪を犯すと、かなりの厳罰があるそうです。
キューバ人はお金欲しさにかなり観光客に近づいてきますが、警察が来ると自ら逃げるように消えます。
そんな国なんです。
お金がない国なのに、犯罪がない。
正直、これには驚きました。

やはり違うなキューバは・・・



という滑り出し。
ここからキューバの旅が始まった。


ランキング参加しました。読んだらクリックお願いします→

スポンサーサイト


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://missingpiece325.blog84.fc2.com/tb.php/108-7c79b590

プロフィール

Kafka7

Author:Kafka7
世界一周旅行から9カ月。

リベンジの中南米の旅を始めて、
250日後無事日本に帰りました。

最新トラックバック

旅の足跡

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。