Loading…

スポンサーサイト

Posted by Kafka7 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボゴタ Bogota

Posted by Kafka7 on 13.2011 コロンビア Colombia   2 comments   0 trackback
7月18日

サンパウロ→ボゴタへ。 またまたTAM航空です。
片道でUS504ドル(41000円)
南米の片道でこれだけ安ければ全然いいでしょう。円高にも感謝です。

17時についてタクシーでホステルまで。

P10505841 (16)

P10505841 (15)


ボゴタ大都会です。インフラ整備でどこも工事だらけだったけど。
車の渋滞がすごい。。。
標高は2600m。
年間の平均気温が14℃なので過ごしやすいのはあるとおもうけど、夜は寒い。



P10505841 (26)

P10505841 (27)



お勧めされていた「Hostel Fatima」にチェックイン。ドミ18000ペソ(約900円)
日本人宿「アラゴン」の近く。アラゴンは個室しかなくwifiも使えないようなのでやめた。

コロンビアに来ていきなり物価が安くなったので、どんどんお金使っちゃったな。

まずはモンセラーテの丘へ(Cerro de Monserate)。往復14400ペソ。

P10505841 (1)

P10505841 (2)


ケーブルカーで上に向かう。

頂上は日陰になると寒いです。

P10505841 (4)

P10505841 (3)

P10505841 (6)


コロンビアの首都ボゴタ。
2600mの大地にこんだけフラットな大都市を作るとは。。。
驚きました。


P10505841 (5)

P10505841 (7)


頂上には教会もあり。





ここは中心のボリバル広場(Plaza de Bolivar)

P10505841 (28)

P10505841 (29)

P10505841 (30)

P10505841 (31)









黄金博物館(Museo de Oro)。みんなお勧めしてたので、行きました。3000ペソ。

P10505841 (8)

P10505841 (9)

P10505841 (10)

P10505841 (11)

P10505841 (12)

P10505841 (13)

P10505841 (14)


ここはすごかった。
時間を忘れゆっくり見ました。





コロンビアで有名な画家ボテロの博物館(Museo de Botero)。無料。

P10505841 (32)


有名なモナリザ。ボテロが書くとこうなる。


P10505841 (34)


果物まで太っちょ。

P10505841 (33)

P10505841 (35)

P10505841 (37)

P10505841 (36)


個性的な絵だったので、結構楽しめた。





7月20日はコロンビアの独立記念日。
朝からパレードがあるが、これがもろアメリカンチック。
行進曲に合わせ、兵隊が歩く。全然面白くない。
アメリカ意識しすぎだよ。

P10505841 (22)

P10505841 (25)


一般市民は中心のボリバル広場まで行くことができず、
みんな道路脇に寄って見物。すごい人。

P10505841 (24)

こんな所登ってるし。

P10505841 (23)


マックの2階もすごい人。





そしてボゴタで一番印象に残ったのが、
日本食レストラン「侍や」
54君にもお勧めされて名刺持ってたので、行きました。

P10505841 (17)

P10505841 (18)


セントロからは結構遠い。
コレクティーボで行ける。
一番大きな(Calle7?)をひたすら進むコレクティーボに乗り、
TEXACOのガソリンスタンドが見えたら降りる。


P10505841 (20)


店内(一緒に行った旅人クニさん)

店内に入るとご主人の高橋さんが迎えてくれる。
自らを「俺、言語障害なんだよ。」いい、とにかく話が止まらない。
この高橋さんは60年代後半、日本が海外渡航を自由にしたときに旅に出た、
まさにバックパッカー第一世代。沢木幸太郎なんかより全然早い。
1ドル=360円と固定相場制だったころの話だ。
そのころのヨーロッパやアメリカの話し(修羅場話しも含む)や、南米に始めて来たときの話しなど、
沢木幸太郎の「深夜特急」も面白いけど、次元が違います。(笑)
とにかくこの人にはびっくりしました。今執筆してるけど、長すぎてどうなるかわからないと言ってた。
もし本が出たら絶対読みたいな。

話しを聞くだけになると思いますが、是非大丈夫な方は行って下さい。
俺らは3時間半くらい居たんじゃないか。帰りは近くまで車で送ってもらいました。

P10505841 (21)


注文した「弁当」

P10505841 (19)


高橋さんが集めた本。
無料で何冊でも貰えます。ありがたく2冊頂きました。


3日間のボゴタ滞在も終わり、7月21日20時のバスで44日ぶりにメデジンに帰りました。
Boliviano社 60000ペソ(2800円)

長かった。

久しぶりのHostal Medellinはドイツ人のバイカー夫婦、カナダ人とメキシコ人のバイカー夫婦、フランスからの留学生などで混んでましたが、あんまり外出せず3泊ゆっくりしました。



そういえばFacebookではつぶやいていた映画出演の件が、ここボゴタでしたね。
Hostal Fatima内で、クニさんも居るのに何故か「君がいい。頼むから映画に出てくれ」と俺だけ指名され、4時間で40ドルという以外と高い給料を提示され、本当にグダグダに振り回されたあげく、キャンセルになったんです。
最後に監督に「俺は何の役なの?」と聞くと、

「日本のマフィア役で拳銃をいっぱい撃ってくれればいい」という答え。

ヤクザかよっ!!

何で俺なんだよ~~
強面じゃないじゃんか~

キャンセルになって本当によかったです。(笑)   
                        おしまい。


ランキング参加しました。読んだらクリックお願いします→

スポンサーサイト

観たかったな~やくざなりょうすけ君(笑)
2011.09.16 11:54 | URL | お名前 #- [edit]
お名前がないので、わからないけど、
本当にキャンセルになってよかったです。
南米のやつらはよくわからん・・・
2011.09.17 00:32 | URL | Kafka7 #- [edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://missingpiece325.blog84.fc2.com/tb.php/105-fd37702c

プロフィール

Kafka7

Author:Kafka7
世界一周旅行から9カ月。

リベンジの中南米の旅を始めて、
250日後無事日本に帰りました。

最新トラックバック

旅の足跡

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。