Loading…

スポンサーサイト

Posted by Kafka7 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プーノ Puno → ティティカカ島巡りツアー Day 1

Posted by Kafka7 on 31.2011 ペルー Peru   0 comments   0 trackback
3月16日

丁度一ヶ月過ごしたボリビアを後にし、ペルーに向かいました。

ラパスの夜景。

P10302441 (32)

P10302441 (33)


ボリビア・・・一ヶ月。
今年は去年の分も楽しめたので、よかったです!



AM8:30のプーノ直行バスで移動。
コパカバーナを経由しないので、PM12:30に到着。
Intelnacionalバスで70ボリ(約840円)

P1030246.jpg

ボリビアを離れ、

P1030249.jpg

念願のペルーIN!!待ってました!!

P1030250.jpg

P1030259.jpg

プーノでは去年も泊まった、ホテル「マンコカパックイン」
シングル20ソル(600円)。ダブルは一人15ソル(450円)
wifiあり、ツアーやバスチケットも購入できて、スタッフ全員親切。
部屋数も多く、ホットシャワー使えて、俺はかなり好きです。

P1030258.jpg

早速「インカコーラ」を買う!
甘ったるいけど、俺は好き。
ペルーはコーラの種類が多い。何故南米でインカコーラはペルーでしか買えないのだろう・・・
日本では売ってるのでしょうか???



3月17~18日


ホテルで翌日のティティカカ湖ツアーを申し込む。
去年はウロス島ツアーだけ行ったけど、
今回はウロス島、アマンタニ島、タキーレ島に行く1泊2日ツアーに申し込む。
料金は75ソル(約2250円)

翌日朝8時にホテルにバスが来て、ティティカカ湖ボート乗り場へ。
まずはトトラの草を重ね合わせてできたウロス島へ向かう。

P10304121 (2)

P10304121 (3)

これがトトラ。水中からたくさん生えてます。

P10304121 (4)

島が見えてきた。

P10304121 (5)

上陸し、どうやって島が作られるか説明を受ける。
ガイドさんは最初スペイン語で話しその後英語で話す。
高い金払っただけある。英語助かりました。

P10304121 (6)

P10304121 (14)

島全体がこんな感じ。

P10304121 (15)

P10304121 (7)

島の人たちはトトラを食べる。
バナナみたいな味だと言われたが、味なしのナシみたいでおいしくない。

P10304121 (8)

島の伝統の織物。

P10304121 (9)

P10304121 (12)

トトラでできた家。

P10304121 (10)

P10304121 (11)

ソーラーパネルが外にあるので、テレビやラジオも使える。

P10304121 (13)

P10304121 (16)

最後は歌を歌って見送ってくれる。

P10304121 (17)


トトラボートに乗りたい人はお金を払って乗る。
俺は去年乗ったので乗りませんでした。10ソルは高いし!

P10304121 (18)

反対側の島。

P10304121 (19)

P10304121 (20)

ティティカカ湖伝統のトゥルーチャ(マス)も養殖されてる。

この写真を撮ってるとき、片足が沈んでびしょびしょになった。
最悪だった。


P10304121 (21)

そしてウロス島からまたボートに乗り、2時間くらいでアマンタニ島到着。

P10304121 (22)

本日はここで泊まる。というかホームステイ。

P10304121 (23)

島民がお迎え。
観光客は泊まる家を振り分けられる。大体一つの家に4人くらい。

P10304121 (24)

シンティアという女性の家へ。シンティアの後をついて歩く。

P10304121 (25)

泊まる家は見た目はぼろかったが、部屋は綺麗だった。
トイレも水洗だったし、観光客用に作られてるんだな。といった感じ。

P10304121 (26)

でも昼食は微妙。最初にスープが出て、メインはこの写真のトゥルーチャ。少ないし、足りない。
ますくはないけど。。。
夜も微妙だった。

P10304121 (27)

昼食の後2時間くらいゆっくりし、また全員で集まり山の上にある教会へ向かう。

P10304121 (28)

綺麗な花。これはペルー伝統料理クイ(モルモット)のエサになる。
かわいいねずみちゃん(テンジクネズミ)をペルーは食べちゃいます!
日本人は馬を食べるので、それはペルー人には驚きのようですが。

P10304121 (29)

皆で山登り。

P10304121 (30)

P10304121 (31)

P10304121 (32)

様々な畑があり、のんびりした雰囲気の島。
太陽の島もよかったけど、ここもかなりいいです。

P10304121 (33)

P10304121 (34)

P10304121 (35)

P10304121 (36)

P10304121 (37)

やっとこさ頂上に。
あいにく綺麗な夕日は拝めなかったけど、気持ちがよかった。

P10304121 (38)

この石垣の周りを右回りに3回歩くといいことがあるそうです。
ちゃんと歩きました。


P10304121 (39)

P10304121 (40)


帰りに撮った月。

そして日が落ちたころ帰宅。

ご飯を食べ、衣装を借り夜のダンスパーティーへ。
行きたくなかったけど、無理やり。。。

男性はポンチョだけ頭から着るだけ。
女性は伝統の刺繍が入ったスカートも2枚着る。
結構大変そうだった。



P10304121 (41)

公民館みたいなところでダンスパーティー。

P10304121 (42)

一応記念撮影。 一緒の家に泊まったコロンビア人のカップルと。

この後地元のおばあちゃんに誘われ無理やり踊る。
二人で手と足を上下に動かしてるだけ。
なんだろう、これはありなのか???といった踊り。。。

P10304121 (43)

その後は地元民が伝統踊りを披露してくれる。

P10304121 (44)

P10304121 (45)

P10304121 (46)

P10304121 (47)


その後はまた観光客も踊る。


P10304121 (48)

欧米人はおもったより楽しんでるようだった。


そんなアマンタニ島での夜が更けていった。。。


ランキング参加しました。読んだらクリックお願いします→
スポンサーサイト
  

プロフィール

Kafka7

Author:Kafka7
世界一周旅行から9カ月。

リベンジの中南米の旅を始めて、
250日後無事日本に帰りました。

最新トラックバック

旅の足跡

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。