Loading…

スポンサーサイト

Posted by Kafka7 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カルタヘナ Cartagena

Posted by Kafka7 on 13.2011 コロンビア Colombia   2 comments   0 trackback
7月25日
20時15分のバスでこの南米の旅最後の都市であり、世界遺産の街であるカルタヘナに向かいました。Rapid Ochoa社108000ペソ(4900円)この区間はやはり高いな。値下げもしてくれない。


7月26日
朝9時到着。バスの中は寒くてあんまり寝れなかった。
しかし着いたカルタヘナは暑い。相当暑い。灼熱!!

世界遺産の街カルタヘナ。城塞都市。
幾多のカリブの海賊の攻撃にあった街。

昔小説で読んだことのある街なので、今回の旅では行ってみたかった場所の一つ。

この街からボートに乗り、パナマまで行ける。アメリカ人やイスラエル人のオーナーが自分のボートを使いカルタヘナ~パナマ間に観光客を乗せ仕事をしている。
4泊くらいで値段はUS400ドル~。入出国の手続き、ご飯つき、とても綺麗といわれるサンブラス諸島にも寄ってシュノーケリングなどもできる。
ボート次第で質も変わってくるらしいが。。。


最初は行く気満々だったが、資金不足のため諦めた。
唯一心残りは、パナマ運河。
一応、貿易学科卒業、元通関業者、通関士資格保持者としては、見てみたい運河の一つだった。


城壁の外のホテルに泊まり、早速城壁の中へ。

P10604011 (1)


時計塔が目印。

P10604011 (2)

P10604011 (3)

P10604011 (4)

P10604011 (5)

P10604011 (6)


中はかわいらしい街並み。綺麗だ。
観光客多し!

P10604011 (7)

P10604011 (8)

P10604011 (9)

P10604011 (10)


奥まで行くと砲台が。
城塞都市にはかかせないですね。



その後も暑い中うろうろと散歩。。。

P10604011 (11)

P10604011 (12)

P10604011 (13)

P10604011 (14)


暑くて昼間はホテルに避難して夕方近くに行動。


夜景も撮影しに行った。

P10604011 (15)

P10604011 (16)

P10604011 (17)

P10604011 (18)

P10604011 (19)

P10604011 (20)

P10604011 (21)

P10604011 (22)

P10604011 (23)

P10604011 (24)

P10604011 (25)

P10604011 (26)

P10604011 (27)

P10604011 (28)



夜景も綺麗でした。

特に何をするでもなく、2泊しました。

そして7月28日
カルタヘナからマイアミ経由でカンクンへ。


P10604011 (29)


カルタヘナ → マイアミ はアメリカの格安航空会社Spirit air
この飛行機安いです。でも規制がうるさい。チェックインバックは30ドル取られ重さは20kgまでだったか・・・確かに荷物はよく見てくる。そしてアメリカ出国のチケットの提示(これは持っていたのでセーフ)、次の目的地カンクンの宿のアドレスを聞いてきた。
それを教えてくれないと、チケットは渡せないと。
超うるさい。
野良wifiで調べ、なんとかチケット入手。
乗客も多いし、飛行機は遅れるし、最悪の航空会社。

こういう事があると思ったので、
マイアミ → カンクン は Spirit airじゃなくAeromexicoにした。
値段も変わらなかったので。別の航空会社にしといた。
(なんて安心してたけど、まさか損するとは・・・ 次の日記で)

というわけで、今年1月20日にブエノスアイレスから始まった南米の旅が、7月28日に終わったのでした。
約半年、190日。去年と合わせると8ヶ月半の南米の旅。

長かった。。。


ランキング参加しました。読んだらクリックお願いします→

スポンサーサイト

ボゴタ Bogota

Posted by Kafka7 on 13.2011 コロンビア Colombia   2 comments   0 trackback
7月18日

サンパウロ→ボゴタへ。 またまたTAM航空です。
片道でUS504ドル(41000円)
南米の片道でこれだけ安ければ全然いいでしょう。円高にも感謝です。

17時についてタクシーでホステルまで。

P10505841 (16)

P10505841 (15)


ボゴタ大都会です。インフラ整備でどこも工事だらけだったけど。
車の渋滞がすごい。。。
標高は2600m。
年間の平均気温が14℃なので過ごしやすいのはあるとおもうけど、夜は寒い。



P10505841 (26)

P10505841 (27)



お勧めされていた「Hostel Fatima」にチェックイン。ドミ18000ペソ(約900円)
日本人宿「アラゴン」の近く。アラゴンは個室しかなくwifiも使えないようなのでやめた。

コロンビアに来ていきなり物価が安くなったので、どんどんお金使っちゃったな。

まずはモンセラーテの丘へ(Cerro de Monserate)。往復14400ペソ。

P10505841 (1)

P10505841 (2)


ケーブルカーで上に向かう。

頂上は日陰になると寒いです。

P10505841 (4)

P10505841 (3)

P10505841 (6)


コロンビアの首都ボゴタ。
2600mの大地にこんだけフラットな大都市を作るとは。。。
驚きました。


P10505841 (5)

P10505841 (7)


頂上には教会もあり。





ここは中心のボリバル広場(Plaza de Bolivar)

P10505841 (28)

P10505841 (29)

P10505841 (30)

P10505841 (31)









黄金博物館(Museo de Oro)。みんなお勧めしてたので、行きました。3000ペソ。

P10505841 (8)

P10505841 (9)

P10505841 (10)

P10505841 (11)

P10505841 (12)

P10505841 (13)

P10505841 (14)


ここはすごかった。
時間を忘れゆっくり見ました。





コロンビアで有名な画家ボテロの博物館(Museo de Botero)。無料。

P10505841 (32)


有名なモナリザ。ボテロが書くとこうなる。


P10505841 (34)


果物まで太っちょ。

P10505841 (33)

P10505841 (35)

P10505841 (37)

P10505841 (36)


個性的な絵だったので、結構楽しめた。





7月20日はコロンビアの独立記念日。
朝からパレードがあるが、これがもろアメリカンチック。
行進曲に合わせ、兵隊が歩く。全然面白くない。
アメリカ意識しすぎだよ。

P10505841 (22)

P10505841 (25)


一般市民は中心のボリバル広場まで行くことができず、
みんな道路脇に寄って見物。すごい人。

P10505841 (24)

こんな所登ってるし。

P10505841 (23)


マックの2階もすごい人。





そしてボゴタで一番印象に残ったのが、
日本食レストラン「侍や」
54君にもお勧めされて名刺持ってたので、行きました。

P10505841 (17)

P10505841 (18)


セントロからは結構遠い。
コレクティーボで行ける。
一番大きな(Calle7?)をひたすら進むコレクティーボに乗り、
TEXACOのガソリンスタンドが見えたら降りる。


P10505841 (20)


店内(一緒に行った旅人クニさん)

店内に入るとご主人の高橋さんが迎えてくれる。
自らを「俺、言語障害なんだよ。」いい、とにかく話が止まらない。
この高橋さんは60年代後半、日本が海外渡航を自由にしたときに旅に出た、
まさにバックパッカー第一世代。沢木幸太郎なんかより全然早い。
1ドル=360円と固定相場制だったころの話だ。
そのころのヨーロッパやアメリカの話し(修羅場話しも含む)や、南米に始めて来たときの話しなど、
沢木幸太郎の「深夜特急」も面白いけど、次元が違います。(笑)
とにかくこの人にはびっくりしました。今執筆してるけど、長すぎてどうなるかわからないと言ってた。
もし本が出たら絶対読みたいな。

話しを聞くだけになると思いますが、是非大丈夫な方は行って下さい。
俺らは3時間半くらい居たんじゃないか。帰りは近くまで車で送ってもらいました。

P10505841 (21)


注文した「弁当」

P10505841 (19)


高橋さんが集めた本。
無料で何冊でも貰えます。ありがたく2冊頂きました。


3日間のボゴタ滞在も終わり、7月21日20時のバスで44日ぶりにメデジンに帰りました。
Boliviano社 60000ペソ(2800円)

長かった。

久しぶりのHostal Medellinはドイツ人のバイカー夫婦、カナダ人とメキシコ人のバイカー夫婦、フランスからの留学生などで混んでましたが、あんまり外出せず3泊ゆっくりしました。



そういえばFacebookではつぶやいていた映画出演の件が、ここボゴタでしたね。
Hostal Fatima内で、クニさんも居るのに何故か「君がいい。頼むから映画に出てくれ」と俺だけ指名され、4時間で40ドルという以外と高い給料を提示され、本当にグダグダに振り回されたあげく、キャンセルになったんです。
最後に監督に「俺は何の役なの?」と聞くと、

「日本のマフィア役で拳銃をいっぱい撃ってくれればいい」という答え。

ヤクザかよっ!!

何で俺なんだよ~~
強面じゃないじゃんか~

キャンセルになって本当によかったです。(笑)   
                        おしまい。


ランキング参加しました。読んだらクリックお願いします→

おまけ2。 グダグダ3人旅 in Santafe de Antioquia

Posted by Kafka7 on 31.2011 コロンビア Colombia   0 comments   0 trackback
*約2ヶ月以上前の話になります。

5月24日

授業が終わった後、サンタフェ・デ・アンティオキアという街に行く。
これまた北バスターミナルから2時間。9000ペソ。
午後2時発のバスだったので、着いたのが遅くてあんまり長く滞在できなかった。


P10601621 (1)

P10601621 (2)

P10601621 (3)

P10601621 (4)

石畳の街で、白い建物も多く綺麗だった。

P10601621 (6)

P10601621 (7)

P10601621 (8)

プールつきのレストランに入る。

P10601621 (9)

P10601621 (10)


今日も3人グダグダです。(笑)


P10601621 (11)

P10601621 (12)

ご飯を食べ、
時間もないのでモトタクシーで観光案内してもらうことに。
スペイン語で説明だから全然わからなかったけど。1人5000ペソ。

P10601621 (13)

P10601621 (14)

P10601621 (15)

P10601621 (16)

P10601621 (17)



P10601621 (18)

P10601621 (20)

大きな橋を渡る。

P10601621 (23)

P10601621 (19)

P10601621 (21)

P10601621 (22)

すごいのどかな街だった。
グダグダ3人も満足です。

そしてこの夜クラブに誘われた。
もうみんなやる気満々で。俺はそういうところ苦手だが行ってきました。
以外と面白かった。綺麗な子が多い。

P10601621 (24)

クラブ前に夜の服装になったワルテル。
ポーズがウケル(笑)

P10601621 (25)

セバスティアンお疲れの様子。。。


とにかく授業後はこんなグダグダMedellin lifeでした。笑  おしまい。


ランキング参加しました。読んだらクリックお願いします→

おまけ1。 グダグダ3人旅 in Guatape

Posted by Kafka7 on 31.2011 コロンビア Colombia   0 comments   0 trackback
*約2ヶ月以上前の話になります。


5月23日

7時半に宿を出てグアタペGuatapeに向かった。
北バスターミナルから2時間ほど。11000ペソ。

DSCF2185.jpg

出発前にセバスティアンと。(ワルテル氏撮影)

P10600481 (1)

街に着いてからはモトタクシーで、岩山に向かった。
でも街に着く前に岩山付近で降りれたかも。

P10600481 (2)

街はメルヘンな感じ。

P10600481 (3)

見えてきた。

P10600481 (4)

これがラス・ペニョ-ル。
この岩山を登ると摩訶不思議な光景が広がる。

P10600481 (5)

ここが入り口。入場料8000ペソ。(約360円)


P10600481 (6)

グダグダ3人は息を切らしながら頑張る。

P10600481 (7)

P10600481 (8)

結構きつい・・・


P10600481 (18)

そして頂上到着!!


景色はこんな感じ、、、

P10600481 (9)

P10600481 (10)

P10600481 (11)

P10600481 (13)

P10600481 (14)

面白い景色。
ドラゴンクエストみたいだな。(なんとなくね。。。)


P10600481 (15)

塔の上にも登れる。
青空も綺麗だった。

P10600481 (17)

P10600481 (16)



そしてグダグダ3人は山を下る。

P10600481 (19)

P10600481 (20)

P10600481 (21)

P10600481 (28)

P10600481 (22)

P10600481 (23)

P10600481 (24)

P10600481 (25)

P10600481 (26)

P10600481 (27)


グタグタだぁ~(笑)

ランキング参加しました。読んだらクリックお願いします→

メデジン Medellin

Posted by Kafka7 on 28.2011 コロンビア Colombia   0 comments   0 trackback
この旅で一番長く滞在した街。

スペイン語を習った街。

過ごしやすいMedellinの気候。

居心地のよいHostal Medellin。

女主人の素敵なクラウディア。

スペイン語の先生モニカ と 彼氏のノア。

たくさんの旅人たちと楽しく過ごした街。


すごいよかった。



メデジンはコロンビアの第二の都市。
80年代は麻薬組織「メデジン・カルテル」が活動していて、
とても治安が悪かった。麻薬の密輸やその他もろもろで、死者も考えられない程いたそう。

今はアメリカやコロンビア政府の掃討作戦で治安がかなり改善された。
今でも少し活動しているらしいですが。


そんなメデジンに居た期間は、
5月21日~6月8日。7月21、22、23日。

たくさん思い出の写真がある。その一部を公開。

P1050717.jpg

まずはHostal Medellinのオーナー、クラウディアClaudia。
Paisaですよ。綺麗ですね。女性一人身で宿を支えてます。
本当に親切です。ママです。おしゃべり好きです。
英語は話せませんが、俺はそれがここのホステルのポイントだと思うんだよね。
英語だったら全く違う感じのホステルになってると思う。

俺は特にスペイン語勉強してたから、もしクラウディアが英語話せてたら、楽しくなかったと思う。
とにかくクラウディアは素晴らしい。その一言です。


P102056152 (13)

そして私の先生。モニカ。28才。
Paisaですよ。かわいいです。そして頭がいい。英語ももちろん話せます。
ノアというホステルに住んでるアメリカ人の彼氏。
なので実家とホステルの往復生活。
そのため俺がスペイン語習おうと学校探そうとしていたら、ノアがモニカに習ったら?と薦めてくれ、
ホステルで毎日朝10時から授業を受けれるということになった。
値段もマンツーマンで普通だし、宿代もシングルに移ったら長期割引あったし、すごいよかった。



P10509691 (8)


メデジンの街並み。都会ですね。標高は1200くらいだったか、暑くもなく寒くもなく最高です。


P10509691 (1)

P10509691 (2)


メトロも走ってます。地下鉄じゃないけど。
でも久々に電車乗ったな。


P10509691 (22)


そしてすごいのが、メトロがロープウェイみたいになる箇所が2駅ある。
そのままの料金でいい景色を見に行ける。

これはその一つのSan Javier駅からLa Aurora駅に行く線。

P10509691 (23)

山を二つ越える。

P10509691 (24)

P10509691 (18)

終電のLa Aurora駅。

P10509691 (19)

P10509691 (20)

P10509691 (21)

いい景色ですね。山に囲まれていて赤色で統一されている家。

ちなみ山の傾斜に沿っていくほど、貧民地区になっているそうです。
上のほうは未だにマフィアの抗争などあるらしいので、よい子のみんなは行くのは止めようね!!




P10509691 (10)


ここは丁度同じ時期に宿に泊まっていたチリ人のワルテルに連れて行ってもらった場所。
名前が分からない。でもよかった。

P10509691 (11)

P10509691 (12)

P10509691 (13)

P10509691 (14)

P10509691 (15)

P102056152 (16)

Paisaの伝統料理もここのレストランで食べた。

P102056152 (17)


DSCF2114.jpg


これがチリ人のワルテル。超面白い。ギャクばっか言ってる。
スペイン語オンリーで会話が成り立たないこともあったが、全然苦ではなかった。
彼も気にしてなかったのもよかった。



P10509691 (25)

ここもワルテルに連れて行ってもらった公園。

P10509691 (26)

P10509691 (27)

DSCF2306.jpg

爆笑写真。笑  なにやってんだか俺ら。。。


P10509691 (31)

とにかく授業が終わってからのハングアウトが多かった。
宿にお客さんもそんなに居なかったし、滞在中は環境がよすぎた。
スペイン語も伸びるしね!

ここはHostal Medellinから歩いていける公園。

4人で向かった。

P10509691 (32)

ここもいい景色。

P10509691 (33)

ビールを飲んで休憩。

P10509691 (34)

頂上。


P10509691 (35)

P10509691 (37)

P10509691 (38)

P10509691 (39)

P10509691 (40)

彼はアルゼンチン人の21歳のセバスティアン。
本当にいい奴です。
ワルテルとセバスティアンのおかげですごい楽しめた。
2人は俺の中でかなりの割合を占めてる。3人行動は本当に楽しかった。

P10509691 (28)

夜は自炊したり、ピザをデリバリーで頼んだりした。
コロンビア、デリバリーピザ安すぎです。

P10509691 (29)

こんなデカピザで4ドルくらい。

P10509691 (41)

P10509691 (42)

夜はいつもこんな感じ。
家族みたいですね。

P10509691 (47)

アルゼンチン人の宿泊客が集まり、バーベキューしたり。
何から何まで彼らがする。さすがアサード大国。

P10509691 (46)

肉もやはりアルゼンチン人が吟味して決めた。

P10509691 (48)

火をおこすのから焼くまで、何でもやってくれる。
さすがアサード大国。アルゼンチンではバーベキューできない男はもてません。
肉の切り方も全て知ってる。


P102056152 (4)



モニカの家にも遊びに行ました。昼食を作ってくれた。
左はお母さんで、右はお姉さん。

P102056152 (2)

Fitoというかわいい犬が居て、

P102056152 (6)

散歩もしてきました。



P10509691 (16)

P10509691 (45)

後はホステルにビリヤードがあるので、すごいやったな。
日本人旅人のとしさん、ゆうくんとはかなりやりました。

P10509691 (50)

二人を見送ったり、

P10509691 (49)

セバスティアンも見送ったり、

P102056152 (8)

トゥルボという街から来た黒人学生さんたちに絡まれたりもね。



P102056152 (12)


毎日ワイワイ、本当に面白い滞在でした。


P10509691 (51)

一応勉強机も。
ちゃんと夜中は勉強してたんだから(笑)


Medellin またいつか来たいです。 いや~素晴らしい。
Muy bonito!!

ランキング参加しました。読んだらクリックお願いします→

  

プロフィール

Kafka7

Author:Kafka7
世界一周旅行から9カ月。

リベンジの中南米の旅を始めて、
250日後無事日本に帰りました。

最新トラックバック

旅の足跡

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。