Loading…

スポンサーサイト

Posted by Kafka7 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラパス 食べる!!

Posted by Kafka7 on 27.2011 ボリビア Bolivia   4 comments   0 trackback
ラパスで食べたものを写真アップします。
といっても地元料理はほとんどないんだけど。
旅人には嬉しい、おいしいものが低価格で楽しめる首都です。

まずは前回スクレの日記で、ラパス在住の日本人社長Fおじいさんにごちそうになった、
ボリビアの国民食「サルテーニャ」
厚めのパイ生地の中に牛肉、鶏肉、じゃがいも、野菜などが入っている。
朝食にぴったり。スクレなどでは午前中に売り切れるところ多い。
後、冷めたらおいしくないのでやはり朝がいいですね。

たまたま朝ラパス着いて食べたサルティーニャが激ウマ!!
みんなに紹介したらみんなはまってました!

P10302441 (35)

Salteneria EL PCARO
朝(たぶん8時くらい?)から13時まで。
サガルナガ通りを下り、左折しエルソラリオの方に歩くと右にある。Murillo通りかな。
エルソラ泊まっているなら右に出て真っ直ぐいけばある。

メニュー一覧↓
Carne(牛肉)、Carne picante(辛味牛肉)、Pollo(鶏肉)、Pollo picante(辛味鶏肉)、Fricase(スパイスが効いた豚肉)

一つ4.5ボリ(54円)
そこからへんのサルテーニャと比べたら高いが、食べれば納得。安いもんです。


P10302441 (5)

P10302441 (6)


中はつゆだく!食べるの難しいけど、落ちる汁ももったいないくらいウマイ!

俺はホテルサガルナガに泊まっていて朝食付きなので朝食食べてたけど、
ほとんど毎日通いました。
いつもPollo picanteとFricaseの2つオーダー。最後のほうは店員さんに顔パスで用意されてました(笑)


朝食続きということで、、、

P10302441 (2)

メルカド(市場)で食べたトゥルーチャ(マス)のフライ。値段忘れたけど、メルカドなのでかなり安い。
トゥルーチャはティティカカ湖で捕れる。写真のはあんまり美味しそうではないですね。。。
ご飯もぱさぱさで最悪でした。トゥルーチャはちゃんとしたレストランで食べましょう!

P10302441 (3)

次もボリビアの伝統料理ピケ・マチョ。
牛肉、たまねぎ、トマト、いもを少し辛いソースで和えたもの。味は濃い。
ご飯は入ってないけど、いもで腹いっぱい。でもおいしかった。

P10302441 (23)

同じ店で食べたチキンフライ。ボリビアは鶏肉多いです。いももね。
そしてやはりボリビアの白ご飯はどこもパサパサでまずい!

P10302441 (22)

ボリビア人はこういうFastfoodのハンバーガーもお好き。
おばちゃんケツがデカイわけだ。。。

ボリビア地元料理は大体15ボリ(200円)くらいで食べれます。





そして忘れてはいけない、日本食レストラン「けんちゃん」

P10302441 (8)


日本人観光客は誰でも一回は行くだろう。

予算は40~50ボリ(500円~600円)と高級食!
だってサガルナガホテルのトイレバス共同2人部屋が一人50ボリだから、相当です!
でも行ってしまう!!笑

P10302441 (4)

カツ丼

P10302441 (9)

トゥルーチャちらし寿司

P10302441 (1)

から揚げ定食。

その他、スタミナラーメン、ぺペレイ(南米の白身魚)蒲焼丼もおいしかった。

けんちゃん、トータル10回は行ったかな。。。

観光名所だね。




Blueberries Cafe の照り焼きチキン。


P10302441 (12)

アバロア広場なので、少し遠い。

P10302441 (14)

世界一うまい照り焼きチキンと言われている。確かにうまいけど、世界一なのだろうか。。。

P10302441 (13)

飛鳥君はカレーを頼んでました。少しもらいましたがおいしかったです!!




ランチでは、エルソラ近くのサンタクルス通りの坂登った日本食ASO-SAN(あそさん)も安くていいですが、

単品でカツ丼だけは頼むのは止めましょう!!クソまずいです。カツ丼はやはりけんちゃん。

写真はランチの照り焼き定食↓肉もタレもおいしかったです。白ご飯もうまい!
ランチはサラダー付きで、その中の野菜炒めがめちゃくちゃおいしい。
メインが来る前に野菜炒めでお腹を満たしておこう!

P10302441 (7)



ランチといえば、飛鳥君とたまたま見つけはまったケバブ屋! 
↓↓↓

P10302441 (18)

P10302441 (19)

超うまい!! ↓

P10302441 (20)


一番デカイSuper 23cmで14ボリ(約170円)
安い!
肉の程よい焼き具合と、みずみずしい野菜たち!青ねぎがしゃりしゃりで最高!!
夜もやってるので是非!

場所は韓国料理屋「コリアタウン」の横の階段を上がって右にすぐあります。


コリアタウンももちろん行ってます。

P10302441 (10)

さすがコリアンレストラン。
前菜がいっぱいでてきて、フリー。
久々のキムチに大興奮!

P10302441 (11)

大好物のスンドゥブチゲ(豆腐鍋)かと思いきや、
スープが辛くなく普通のだし汁だったので、納得いかず。

P10302441 (31)

去年も食べた韓国ラーメンが一番美味しかった!
結局ビビンパは今年も食べず・・・・美味しいみたいですけど。



P10302441 (15)

食後の後はアイスクリーム。

Bits & Cream プラザエスティディアンテすぐ。

火曜日はアイスがダブルの日で行ったが、注文の仕方がわからなく、
ダブル乗ったアイスが2つになった。 多すぎ、、、食えません。

火曜はアイスをもう1つ乗せてくれるのではなく、1つ頼んだ料金で2つくる。とんだ勘違いでした・・・
なので2人で行って一人だけ買えば一番いいでしょう。 

この日4人で行ってみんな間違えたのでアイスだらけになる。。。

シングル8ボリ。ツインが12ボリ。

P10302441 (16)

一人2つのダブルアイス。。。

P10302441 (17)

多すぎてみんな一つずつ残す。。。

でもアイスおいしかった。

P10302441 (21)

アレキサンダーカフェのケーキもうまし!



そしてFおじいさんにもラパスで再会しました。
中華料理をテイクアウトで買って頂き、二人でFおじいさん宅まで行きました。コレクティーボで30分くらい。
ご自宅ははあの騒がしいラパスの中心とは違う新興住宅地のカラコト地区でした。お金持ちタウンです。

P10302441 (26)

P10302441 (28)

P10302441 (29)

P10302441 (30)


ボリビアとは思えないような街並み。
家も高級でお金持ちの人しかすんでないのだろう。


P10302441 (25)

Fおじいさん宅。豪邸過ぎてびっくりした。
お手伝いさんも2人くらいいた。
あれよあれよとお皿、箸、サラダ、白ご飯を用意してくれる。
奥さんやお子さんや孫にもあってみんな「自分の家のようにくつろいでください。」と。

Fおじいさん3月は休養で、4月から山にこもるそうだ。
山師の賭けは成功するのだろうか。。。いい資源が見つかるといいです。
俺も手伝おうかな・・・笑

P10302441 (24)

ボリビアで最高におもてなしされた一日。おいしい中華もご馳走になり、よかったです。
Fおじいさん、いつまでもお体を大切に。今度は日本で会いたいな。

といったラパスの食生活の一部を公開しました。ひゃー写真多くて時間かかったよー
とにかくラパスは安くておいしいものが食べれるんだよーーーーん!!


ランキング参加しました。読んだらクリックお願いします→
スポンサーサイト

サハマ Sajama 世界一の露天風呂を目指して。。。Part 3

Posted by Kafka7 on 25.2011 ボリビア Bolivia   2 comments   0 trackback
温泉から上がり周辺を散歩。
というかリャマを撮りたかった。

完全に自己満写真達です。

P1030168.jpg

P1030173.jpg

P1030181.jpg

P1030182.jpg

P1030185.jpg

山バックのリャマ。かっこいいでしょ!?

P10302261 (2)

P10302261 (3)

ずっと入っていた温泉。
有難うございました。

P10302261 (4)

帰りはサハマの村までてくてく歩く。

P10302261 (5)

日陰がないので暑いとつらい。。。
一時間半くらいかかったかな。。。


ここからは自力で帰らなければならない。
国立公園の入場料払ったところで立ち往生してたら一台のランクルが。
交渉したら国道に近いラグーナ?という街まで行ってくれるという。
一人10ボリ。

なんとか国道にたどり着く。

ここからヒッチハイク開始。

あんまり車走ってなかったけど、最初に来た一台の中古車を乗せた車がいきなり止まって乗せてくれた。
まいちゃんがほとんど交渉してくれたんだけど。。。感謝です。

P10302261 (6)

何故かまいちゃんだけ助手席に座り、残りの5人は後ろに積んである中古車の中へ・・・
まじで有り得ない経験。こんなこと日本でもできないんじゃ!

車は日産ADバン。日本からチリに輸出されボリビアにきたものだろう。
ボリビアは日産車が多い。ペルーは断然トヨタです。

P10302261 (10)


P10302261 (7)

車内の風景。

P10302261 (8)

P10302261 (9)


車内から外を見るとこんな風景。

いや~本当に有り得ないですな。
アドベンチャーです。

この車はゆっくりでパタカマヤに着いたのは5時間後くらい。

まいちゃんが運転手と仲良くなり、一銭も払いませんでした。
運転手もいい人だったし、まいちゃんに感謝ですね。


その後パタカマヤでラパス行きのおんぼろバスを捕まえ、帰宅。
これが7ボリ(100円)。激安!行きは23ボリだったのに。地元価格ですね。

P10302261 (11)

そのまま日本レストランけんちゃんに行き、みんなと別れました。

旅ならではのアドベンチャーも体験できたので最高の2日間でした。

サハマSajama最高!!


ランキング参加しました。読んだらクリックお願いします→

サハマ Sajama 世界一の露天風呂を目指して。。。Part 2

Posted by Kafka7 on 25.2011 ボリビア Bolivia   0 comments   0 trackback
宿の人がいなかったので、早速温泉に入る。外は寒寒!!
ここでも防水カメラが大活躍!!

P10100971.jpg

なかなかいい湯加減。地元の人、欧米人も何人かいる。

P10101041.jpg

ヘドロですね。硫黄の匂いがプンプンします。

P10301631 (2)

温泉全体図。こんな感じです。
手前に行くほど狭くなっていきお湯の温度も熱くなる。42度くらいかな。

P10101141 (3)

奥に行くほどまじで狭い。3人入るのがやっと。

P10101141 (1)

ビール飲みながら入る。日本ではできないだろう。

P10101141 (2)

景色も最高。左に富士山。右に2つ連なった富士山。

P10301631 (3)

テンションあがってます!

P10301631 (4)

みんなで大盛り上がり!

P10301631 (5)

夕日も沈みかける。

P10301631 (6)

P10301631 (7)

温泉に反射した夕日も綺麗だった。

P10301631 (8)

P10301631 (9)


これにて夜の温泉タイム終了。
結局3時間くらい入っていたか・・・
周りには誰もいなかった。

でも日本人はやはり温泉でしょう!暖まるまで粘らんと!笑

因みに温泉入るのにも入場料かかります。
最初は一人15ボリ?とか言われたけど、値切ったら5ボリになった。よくわからん。子供だったし。

この後ご飯食べて、外に出ると満天の星空。
標高4200メートル、外は寒いけど空を眺める。
天の川も見えた。流れ星も何個も見た。

そして星の写真撮りたかったけど難しい。
何回も試したけどやはり素人には無理か・・・
カメラもたいしたことないからな・・・

結局撮れたのはこの一枚。
よく見ると月とオリオン座が写ってます。

P10301631 (1)


翌朝5時起きでまた温泉へ。
朝日は見れるかな・・・

P10301631 (10)

P10301631 (11)

決めポーズ!!笑

P10301631 (12)

P10301631 (15)


左の山の雲がてっぺんで変な形してる。
帽子被ってるみたいだった。

P10301631 (13)

なんと山の微妙な位置から日の出。

P10301631 (14)

でも綺麗です。

P10301631 (16)

結局朝も6時くらいから11時くらいまで入っていた。
本当に日本人だけでしょうね。こんだけ温泉に入れるのは!

みんなでいけて本当に楽しかったし、サハマ温泉最高でした!

秘境だけど来た甲斐があった!!

世界一の露天風呂です!!


ランキング参加しました。読んだらクリックお願いします→

サハマ Sajama 世界一の露天風呂を目指して。。。Part 1

Posted by Kafka7 on 25.2011 ボリビア Bolivia   0 comments   0 trackback
3月12~13日

ボリビアとチリの国境近くにあるサハマという場所に世界一の露天風呂があるという。

ラパスで一緒にデスロードに行ったまいちゃんにごり押しされ、
しかもまいちゃんが2回目行きたいと言っていたので、では、

「一緒に行って案内してください!」
と言わんばかりにボリビアビザを延長した我らがマドンナまゆこちゃんと3人、そしてエルソラリオから3人の日本人パーティーが加わり6人で向かった。

サハマに行くにはかなり難しい。
まずはラパスからオルーロ行きのバスに乗り、"パタカマヤ Patacamaya"という街で降り、
そこからコレクティーボもしくはチリに行くトラックなどをヒッチハイクして行く。
しかしヒッチハイクに成功しても、サハマの村に入る入口の国道で下ろされ、そこから村まで8キロ、そして温泉までは4キロくらいある。なのでかなりしんどい。そして運が必要。

まいちゃんは一週間前に行っていたので話は聞いたが、一人ではかなりしんどそうな道のりなので、
今回6人で行けてラッキーだ。


当日朝6時半のオルーロ行きに乗り込んだ。めちゃ眠い。。。
値段は23ボリ。途中下車でもオルーロまでの運賃を払わなければならない。

約2時間でパタカマヤ到着。

早速サハマ行きのコレクティーボを探す。

全然見つからずみんなで色んな人に質問しまくり。

ようやく9時半ごろコレクティーボが到着。しかし、、、

P1030052.jpg

コレクティーボでよくありがちな、車が満員にならないと出発しない。。。
運転手のおじさんいわく、14人集まったら即出発、集まらなければ13時に出発。
朝の時点で俺らを含め8人くらい。
ヒッチハイクしてもよかったけど、たまたまこの日がパタカマヤのカーニバル。
なので人を待ちながら、カーニバルを見学することに。。。(もしコレクティーボで行くなら朝早く行く必要はないでしょう。もしくは10人くらい仲間を集めて行くべしです!)

P1030061.jpg

P1030062.jpg

P1030066.jpg

P1030074.jpg

P1030077.jpg

カーニバル。


まぁ特に俺は踊りとかは見てすぐ飽きるので、こんなもんかという感じでした。。。はい、つまらない男です。
でも始めは楽しんでますよ。


そして13時にようやく出発!!
4時間の道のり。一人25ボリ。

P1030082.jpg

こんな風景を走る。富士山みたい!
国道はアスファルトで飛ばしまくり!

P1030083.jpg

P1030096.jpg


リャマも道路を横断。


P1030098.jpg

ここから国道からそれてサハマの村に入る。
富士山が二つ!!

P1030103.jpg

ここがサハマの村。

P1030104.jpg

一応サハマ国立公園といってトレッキングする観光客もいる。
温泉もその中にあるので、入場料を払う。10ボリ?30ボリ?だったかな。

P1030216.jpg

ホステルもあります。

P1030212.jpg

お店もあります。

P1030121.jpg

リャマやアルパカもたくさんいます。

P1030114.jpg

子リャマ!かわいい!! 


ここから温泉まで4キロくらいだけど、
コレクティーボのおっちゃんに相談し、一人10ボリで温泉入り口へ。

ここから温泉まで歩く。
ここも大自然に囲まれ歩いてて楽しい。

P1030126.jpg

P1030132.jpg

P1030134.jpg

ここがホステル。
標高は4200メートルです。
着いたとき中に誰もいらず、先に温泉入って2時間くらい経過後セニョーラ登場。
1泊50ボリ。夕食は20ボリ。
部屋はすごい綺麗。夜は3時間くらい電気使える。後はろうそくの時間です。

P1030146.jpg

P1030147.jpg

温泉のブログはこの後。


ランキング参加しました。読んだらクリックお願いします→

太陽の島 Isla del sol

Posted by Kafka7 on 25.2011 ボリビア Bolivia   2 comments   0 trackback
翌朝朝8時半のボートで太陽の島へ。
大体1時間半で着く。

去年は午後の便に乗り南の港に上陸し、正味一時間くらいしか滞在できなかったので、
今回は北の港に上陸し南の港15時半発のボートに間に合うよう8キロのトレッキングルートを歩くことにした。
約4時間の道のり。結構辛かったです。。。

P1020930.jpg

P1020931.jpg


北の港に上陸。

P1020944.jpg


P1020950.jpg

白い砂浜と綺麗な青。本当に南国の海のよう。

P1020949.jpg

インカ帝国伝統の段々畑。農作物文化は昔から発達していたんだな。

P1020960.jpg

こんな道をひたすら歩く。
遅いと乗り遅れるから急ぐ。

P1020963.jpg

P1020965.jpg

P1020970.jpg

なんともいえないパノラマ。
イースター島の匂いを思い出す。

P1020971.jpg

P1020973.jpg

P1020974.jpg

まだまだ道は続く。。。

P10209761.jpg

P10209771.jpg

P10209791.jpg

P10209991.jpg

P1030007.jpg


P1030002.jpg

P1020991.jpg


羊もいます。

P1020993.jpg


豚もいます。
子供がおっぱい吸ってる。

P1020995.jpg

至近距離で撮ろうとする男(笑)
左手に釣竿を持ってるが、ルアーをラパスに忘れてるし。


P10300031.jpg

P1030004.jpg

P1030010.jpg

本当に歩いてて気持ちがいい。


P1030015.jpg

ようやく北の港の街に到着。

P1030023.jpg

P1030027.jpg


ようやく着いて落ち着いてきたところに、
馬使いの子供が狭い路地から現れる!
馬の走る音がすさまじかったのでさすがにびっくりした!

P1030019.jpg

P1030020.jpg

P1030021.jpg

P1030012.jpg

P1030022.jpg

リャマもいる。

P1030026.jpg


P1030028.jpg

P1030029.jpg

すごいのんびりしてていい島でした。空の青、雲の白、雄大な湖。最高です!
本当は泊まる予定でしたが、日帰りで満足しました。

そして15時半のボートでコパカバーナに戻る。
到着は18時。

それから19時のラパス行きバスに乗り帰りました。帰りは15ボリ。
でもコレクティーボで帰ったほうが早いかも。
バスはちんたらで何台もコレクティーボが追い抜いていったし。
ラパス到着は23時過ぎました。。。


ランキング参加しました。読んだらクリックお願いします→
  

プロフィール

Kafka7

Author:Kafka7
世界一周旅行から9カ月。

リベンジの中南米の旅を始めて、
250日後無事日本に帰りました。

最新トラックバック

旅の足跡

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。