Loading…

スポンサーサイト

Posted by Kafka7 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンパウロ Sao paulo

Posted by Kafka7 on 10.2011 ブラジル Brazil   0 comments   0 trackback
7月14日~18日

一年ぶりのサンパウロ・・・
去年はここで誕生日を迎えた。
特に見所のない街だが、去年行けなかった場所など少し観光。


P10504871 (8)

P10504871 (1)


泊まった場所は、ネットで調べた「Saci Hostel」という場所。一泊ドミ30レアル。
日本人街があるリベルタージの近くにペンション荒木と隣にペンションなみがあるが、荒木は高すぎだし、
なみは去年ダニにかまれまくったので絶対泊まりたくなかった。
鹿児島県人会は安くて綺麗(プール付き)で有名だが、アスンシオンにいるときメールしたら、行事が入ってて宿泊をお断りさせられた。(たぶんJAPANフェスタのため。)
なので急遽ネットで探して、パッカー宿を探したのだ。

中心から少し離れてるが、中々居心地がよかった。



P1050509.jpg


地下鉄に乗ってお出かけ。
1乗り3レアル(150円)。去年より高くなってない???


P10504871 (6)

サンパウロ大都会ですね~
東京丸の内みたい。


P10504871 (5)

日本でも有名なサンダル、ハワイアナス Havaianasの本店へ。

P10504871 (2)

買おうとしたが、特にお気に入りがなかった。
ここではオーダーメイドでサンダルが作れるみたいだけど。。。

P10504871 (3)

P10504871 (4)


子供用のサンダルもかわいいな。54君は早速お土産で購入してたけど・・・





宿から歩いて行ける、サッカースタジアム Pacaembu Stadiumにも行った。

P10504871 (7)

P1050514.jpg

博物館もあり、中々楽しかった。(学割で入れる。中は写真撮影禁止)

丁度日曜にサンパウロのパルメイラスとリオのフラメンゴの試合があるようで、チケットもついでに買おうとしたが、
水曜に延期。ブラジルリーグでは延期はよくあるらしい。残念だった。






日本人街のあるリベルタージ駅へ。

P10504871 (28)


懐かしい~


P10504871 (9)


本屋もあり

P10504871 (10)

P1050527.jpg

P10504871 (11)


スーパーでは日本食が買える。


P10504871 (32)


日本のお寺もあります。


P10504871 (14)


ブラジル日本移民資料館。
去年資料館に入ったので行かなかったけど、図書館があるので少し暇つぶしした。
新聞、マンガ、小説、ビデオなど多数ある。


P10504871 (13)

去年お世話になった、中華料理のビュッフェ屋に行った。潰れてなかった。。。


P10504871 (12)

11レアルで食べ放題。そして美味い。





7月17日 (日曜)
リオデジャネイロから1泊2日で帰ってきた54君と合流し、
一年に一回サンパウロで開かれる、JAPANフェスタに行った。


駅からバスで会場までバスで行かなければならなく、
駅に着いたが全くわからないので、日本人っぽい人に話しかけたら、
日系人の合気道をやっているカミロ君というとても親切な人で、会場まで連れて行ってくれて、
中も一緒に回った。


P10504871 (15)

P10504871 (16)

P10504871 (17)

P10504871 (18)


中はすごい人!!相当有名フェスタなんだと実感しました。


P10504871 (19)

P10504871 (20)

P10504871 (21)

P1050557.jpg


野外には各県人会の名物料理が、ブースに分けられ販売している。

特設ステージで日系人歌手の歌のパフォーマンス(演歌中心)もありで、年配の日系人の方は大盛り上がり。
日系人美人コンテストも開かれていたが、丁度終わりかけに行ったので写真が撮れなかった。。。超無念・・・




P10504871 (25)

P10504871 (22)


屋内には日系企業のブース。TOYOTA、HONDA、NINTENDOなどなど。ここも広い。


P10504871 (23)

JAPANフェスタオリジナルTシャツ。
まさかの54君お買い上げ!

俺は横に綺麗なお姉さんがいたので、Tシャツよりそっちに目がいってたけど。。。

P10504871 (24)

写真撮ったし。

P10504871 (26)


将棋コーナー

P10504871 (27)


短冊に日本の復興を願う。



楽しかったJAPANフェスタを後にし、カミロ君とはここで別れ、
俺らはリベルタージに向かった。


目的は、この日丁度女子ワールドカップの決勝があったのだ。
日本人街に行けばテレビで見れるだろうと、54君と計画していたのだ。
54君は朝から日本代表のユニフォーム(54番)を着てやる気満々です。


しかし着いたは着いたが、どこの店も見せてくれない。
というのも、なんとこの日は南米選手権(コパアメリカ)のブラジル対パラグアイ戦。
しかも女子W杯と同じ時間にキックオフ。。。
「ブラジル戦の方が大事。女子のワールドカップなんて見ないよ。」なんて言われる始末。
日系人でもブラジル戦のほうが大事なのだ。さすが、「サッカー命」の国。

途方に暮れてると、一軒の日本食レストランが見せてくれるとの事。
「Por Que Sim」というレストラン。
前半20分くらいから観戦。

P10504871 (29)

ハーフタイムの時くらいにレストランは昼休憩に入ったが、それでも店内に居させてくれました。
しかも試合終了まで何も注文してないし。。。

日系人の若い男の子もバイトしていて、ゴール入ったときなどは一緒に盛り上がる。

夜のオープンが始まってすぐに劇的な勝利を挙げ、なでしこJAPAN優勝!!
感動しましたね。
54君、歓喜のあまり号泣。本当に素晴らしい試合だった。


なでしこJAPANおめでとう!!



P10504871 (30)

P10504871 (31)

試合終了後、ビールやラーメンを食べ、バイトの子とFacebookまで交換し、
最後に店長がなでしこJAPAN優勝記念とか言って、ディスカウントもしてくれた。
ずうずうしく入店したのに、ここまでしてくれて本当に感謝です。

この夜が54君とも最後。
最後に54君の日本国旗の真ん中に思い出を書かせて頂きました。

翌朝俺の便の方が早かったので、先に空港に向かう。

俺の行き先はコロンビアの首都ボゴタ。。。

俺もこのサンパウロでの最高の思い出のまま日本に帰国したかったが、
まだ旅は続く。

メデジンから始まりベネズエラで急遽決めたブラジル入国。
一人もいいけど、やはり旅は誰かと回るのが楽しいですね。

54君には感謝です。弾丸トラベル、面白かった!

てなわけで、南米の旅の終わりを迎えることになるコロンビアへ戻るのでした。


ランキング参加しました。読んだらクリックお願いします→

スポンサーサイト

ボニート Bonito

Posted by Kafka7 on 10.2011 ブラジル Brazil   0 comments   0 trackback
7月8日

南パンタナールのツアーが終わり、ボニートへ。


19時着。


カンポクランジで泊まった「Ecological Hostel」に行ったが満員で入れなかった。
別の宿を紹介してもらい、そのままシャトルバスで「Pousada sucuri」という宿へ。
ダブル1人(35レアル=1900円)高すぎです。ボニート高い・・・

一泊だけすると言い、次の日の青の洞窟ツアーだけ申し込んだ。
(53レアル=2800円)
丁度俺らが来た次の日からハイシーズン料金になり、最悪だった・・・




7月9日

AM 8時40分 お迎えのバスが来て出発。

P10409921 (1)

P10409921 (9)


ヘルメットをかぶり、洞窟を降りていく。

P10409921 (2)

P10409921 (3)


ガイドは英語が話せない。こんだけお金払って、どういうことだ。
ブラジルは値段の割りにクォリティーが全然ダメ。
滞在中はそんな事感じることがいっぱいあった。

P10409921 (4)


洞窟暗すぎです。

P10409921 (5)


しかもそんな探検しなくて、ただ真下に降りて青の水が見える所で終わり。

短いよ・・・
でもガイドが理解できないポルトガル語で説明しながら、ゆっくり降りていく。。。
洞窟は短いのに、降りるのはちんたらで、行かなきゃよかったと思った。




フラッシュで撮っても、青さが全然伝わらないので、
一応防水コンデジだけどなんとかシャッター開放して撮りました。


P10409921 (6)

P10409921 (7)

P10409921 (8)


青いね。



それだけ・・・



これだけでは満足できないよ・・・
もう色々見てきてますから。




12時ツアーも終わり、
昨日泊まれなかった「Ecological Hostel」に移動。

P10409921 (10)


ダブル一人30レアル。5レアル下がっただけ・・・


翌日のシュノーケリングツアーを申し込んだ。
スクリ川とプラタ川が有名だが、カンポクランジで会ったMさんのお勧めで、
プラタ川(Rio da Purata)に行くことにした。


値段は190レアル(9500円)





Jesus!!!!!!!!!!!!!!





ツェー万ですよ(1万円)!!






これでクオリティー低かったら、最悪だよ、まじで・・・





翌日・・・
7月10日

AM8時出発。

P10409921 (11)


AM10時プラタ川到着。



ウェットスーツを着て準備し、
車と徒歩でシュノーケリングポイントへ移動。

P10409921 (12)


ここが入り口。

P10409921 (13)


何っ!!すごい透明!!







これは期待できる!!

そして中へ。

P10409921 (14)

P10409921 (15)

P10409921 (16)

P10409921 (17)

P10409921 (18)

P10409921 (19)

P10409921 (20)

P10409921 (21)




すごい!!

これはすごい!!

なんでこんな透明なんだ!!






見たこともない淡水魚達。
綺麗。

興奮冷めやらぬまま、ガイドが先頭で一列になり、川を下っていく。
このガイドは英語話せる。


P10409921 (22)

P10409921 (23)

P10409921 (24)

P10409921 (25)

P10409921 (26)

P10409921 (27)

P10409921 (28)

P10409921 (29)

P10409921 (30)

P10409921 (31)

P10409921 (32)

P10409921 (33)

P10409921 (34)


地面は意外と低いが、横になれば勝手に進むので楽ちん。

P10409921 (35)

P10409921 (36)


黄金の魚まで。




ここで少し休憩。

P10409921 (39)



本当に楽しいなこのツアーは。


P10409921 (37)

P10409921 (38)

P10409921 (40)



パナソニック防水今回も大活躍です。


P10409921 (41)

P10409921 (42)

P10409921 (43)


P10409921 (44)


そんな素晴らしい景色に触れ、約1時間半泳いだ。

P10409921 (45)


最後に記念写真。





最初はあまりのツアー代金の高さにびっくりしたけど、
ここはその分だけありました。楽しかったし、満足です。
日本人に人気なのが分かりました。

ここは南米の絶景ベスト上位に入りますね。


P10409921 (46)


帰りに見た夕日。





夜はカンポクランジで会ったMさんとMさんの日本からの友人2人と会った。
カンポクランジにいる時から、旅程でボニート一緒になれるかもと話していたのだ。


P10409921 (47)


ボニートの日本食レストランで食事。


P10409921 (48)

P10409921 (49)

P10409921 (50)

P10409921 (51)


今日プラタ川で見た淡水魚が食べれます。
美味しかった。




2次会はバーに行きみんなで乾杯!


P10409921 (53)

P10409921 (52)



久々に日本の居酒屋にいるような気分でした。





最後は楽しいボニートでの滞在を終え、

翌日はあの今年2月にも行った、鬼門の国パラグアイの首都アスンシオンに向かうのでした。
危うし!パラグアイ入国
運気↓気味? パラグアイめ!


理由は、
54君 = 日本の友達にお土産を買いたい。(パラグアイは物価安いので)
俺  = 2月に行ったときホテル内山田ですき焼きが食べられなかったので食べたい。   


以上。

ランキング参加しました。読んだらクリックお願いします→

南パンタナール South Pantanal

Posted by Kafka7 on 10.2011 ブラジル Brazil   1 comments   0 trackback
7月6日~8日

朝7時に朝食を食べ出発。

他の客はブラジルに留学してる、アルゼンチン人、チリ人、スペイン人などなど若い学生さん達10人くらい。驚いたことに日本人留学生も一人いた。


P10407701 (2)

P10407701 (1)


一行は整備された道をひたすら走り、
パンタナール入り口で車を乗り換え、

P10407701 (3)

P10407701 (4)



P10407701 (5)

P10407701 (6)



2泊するキャンプ場に12時に到着。


P10407701 (18)


ここもエンジェルホールと同じハンモックで寝る。



先に言っちゃうけど、あんまり印象に残らないツアーだった。



2泊3日ツアーは大きく分けて、
昼からでるボートで川下り(2日行ける)、朝から行くジャングル探検(一日のみ)、ナイトサファリ(一夜のみ)、ピラニア釣り(一日のみ)。
これを観光客は来た順番や人数により振り分けられガイドと行く。

俺は楽しみしてたアナコンダは発見できなかったし、ナイトサファリツアーも微妙だった。。。

時期を間違えたのか・・・

よかったのは、世界最大のネズミ「カピバラ」が見れたのと、
ピラニア釣りで2匹釣れたのと、ツアーの最後に見た「アリクイ」くらいか。。。
カイマン(ワニ)は見すぎて、完全に飽きました・・・




ということで今回は写真を適当にアップします。




着いていきなりボートツアー。14時~

P10407701 (7)

P10407701 (8)

P10407701 (9)

P10407701 (10)


カイマン


P10407701 (11)

P10407701 (12)


P10407701 (13)

IMG_2708.jpg


世界最大のネズミ「カピバラ」
確かにデカイ。1m以上はある。


P10407701 (14)

P10407701 (15)

P10407701 (16)

P10407701 (17)


カイマン至近距離!!


IMG_2756.jpg


帰ったら、キャンプ場の木にインコが。





P10407701 (19)

2日目の朝日。

P10407701 (20)

朝7時からジャングル探検に行く。

P10407701 (21)

P10407701 (22)

P10407701 (23)

P10407701 (24)

P10407701 (25)


いきなり道を反れて、沼へ。

カイマンに近づく。


P10407701 (26)

P10407701 (27)

P10407701 (28)

P10407701 (29)

P10407701 (30)

IMG_2809.jpg


ビビリながらも近づきました。怖かった。



P10407701 (31)


その後はジャングルの中へ。

運がよければ、アナコンダが見れるらしい。



P10407701 (33)

P10407701 (32)

IMG_2827.jpg

猿も発見。

P10407701 (34)

P10407701 (37)

弱肉強食の世界。

P10407701 (35)

P10407701 (36)


結局、アナコンダは発見できず、ツアー終了。12時キャンプ場へ戻る。



P10407701 (38)

P10407701 (39)

キャンプ場にいたかわいい鳥。石鹸を突っついてた。


P10407701 (40)

P10407701 (41)


夜のナイトサファリ。

19時半から45分行くが、見れたのはカイマンだけ。もうカイマンは飽きた・・・



3日目
ツアー終了前にピラニア釣り。


P10407701 (42)

P10407701 (43)

エサ。


P10407701 (44)

P10407701 (45)


最初全然釣れなかったけど、最後2匹釣りました。

P10407701 (46)

ピラニアの歯。これで肉を引きちぎるんですね。


P10407701 (47)

P10407701 (48)


子供と一緒に釣ったピラニアを調理。


P10407701 (49)

ピラニアのから揚げ。
以外と美味しい!


P10407701 (50)


午後12時にツアーが終わり、キャンプ場を離れる。


P10407701 (51)

IMG_2929.jpg


帰りに見た、カピバラ。

IMG_2944.jpg

IMG_2945.jpg


ボニートに行く途中、野生のアリクイを見た。初めてみた。
動物園とかでは見れないからな。


P10407701 (52)


夕日綺麗だったな・・・

ランキング参加しました。読んだらクリックお願いします→

カンポグランジ Campo Grande

Posted by Kafka7 on 10.2011 ブラジル Brazil   1 comments   0 trackback
7月5日

TAM航空でサルバドールからサンパウロ経由、カンポグランジへ。


P10407221 (3)


一年ぶりのTAM Air。


P10407221 (1)

P10407221 (2)


一応軽食でホットドッグだけでました。かわいい箱に入ってました。

P10407221 (4)


そしてカンポグランジに到着。一気に南ブラジルに来た。 ブラジル広い!



カンポグランジの空港で、たまたまホステルの人が他のお客を迎えに来てて、
そのまま車で宿に行くことになった。

P10407221 (17)

P10407221 (16)

P10407221 (15)


「Ecological hostel」 
ボニートにも同じ宿あり。


一泊し直で次の目的地ボニートに行くつもりだったが、
宿の兄ちゃんが2泊3日の南パンタナールツアーを勧めてきて、
考えた結果それに行くことにした。(300レアル=15000円)高いねぇ~
ツアーに参加するのでこの日の宿泊費は無料。
ツアー後にボニート行きのシャトルバスを用意してくれる。(有料)



パンタナール湿原・・・南アメリカ大陸のほぼ中央部に位置する、世界最大級の熱帯性湿地。
大部分がブラジルのマットグロッソ州とマットグロッソ・ド・スル州に所属し、一部がボリビアとパラグアイにまたがる。総面積19万5千平方km(因みに日本の本州面積は22万8千平方km)、そのうち1,878平方kmが2000年に「パンタナール自然保護地域」としてUNESCOの世界遺産に登録された




と明日の予定も決まり、54君と市内を歩く。というかカンポグランジは沖縄からの移民者が多く、「ソーキそば」を食べれると歩き方に書いてあったので、それを食べたかった。


しかし宿の兄ちゃんに日本レストラン聞いて結構歩いたが、全然見つからない。。。



ふと、歩いていると、「カンポグランデ日伯文化体育協会」という建物を見つけた。


P10407221 (5)



ちらほら日本人の高校生らしき人が出入りしてる。




この建物の写真など怪しく2人で、ウロウロしながら撮っていたら、




後ろから女性に日本語で話しかけられる。
この日伯文化体育協会の向かいにある、軽食屋のおばさんだった。


日系2世なのか、日本語がそこまでうまくなかったが、すごくいい人で、
旦那さんを交え日本食レストランがどこにあるかとか、その他色々世間話しをした。
なんて立ち話をしていたら、日伯協会から一人の男が出てきた。
奥さんが「あの人日本語の先生よ。日本語上手!」


男が軽食屋に入ってきて、一緒に話す。

ヒデオ君という名前でパラグアイ生まれのブラジル人。おじいさんが日本人らしい。
パラグアイで日本語学校に通っていたので日本語はかなりうまい。そしてかなり面白い。


54君共に3人で意気投合し、「後で日伯協会遊び来て!」と言い残し、
俺らが軽食屋で食べてたサルガドとジュースのお金をいつの間にか全部払ってくれてて、出て行ってしまった。

P10407221 (6)

サルガド=ブラジルのファストフードの総称。揚げコロッケみたいなのもある。


奥さんたちと別れ、早速、日伯協会に潜入。
受付で2階に招待され、ヒデオ君と日本人の女性Mさん(JICAの隊員)が居た。
共に教師です。
Mさんが習字を書いてて、学生と会話してる。

P10407221 (7)

俺らも習字のチェックを少しする。。。



この雰囲気・・・

放課後って感じ・・・

日本の学校だ・・・

日本が日本の裏側のブラジルにある・・・


学生さんが帰った後、4人でずっと会話した。

そして今晩みんなで外食することになった。

いったん別れ夜ホステルにヒデオ君が車で迎えに来てくれて、
すしレストランへ。

P10407221 (9)


食べ放題で、店員さんがすしを運んでくれる。


P10407221 (10)


サーモンがやはり一番おいしかった。刺身だけど。


IMG_2641.jpg

IMG_2643.jpg


この夜は俺らは久々の日本食だったし、楽しい友達もでき、
最高に楽しみました。
またヒデオ君がここの会計までしてくれたのだ。
何度もお金を渡すが受け取ってくれない。。。
たった一日だけ会って、何故にここまでしてくれるんだ。。。
申し訳ない。もし日本に来たら必ず恩は返します。

レストランを出た後、車でカンポグランジを案内してくれた。
何もかも親切。
そしてヒデオ君はかなり歌がうまい。車内で演歌も披露。劇ウマ!笑


P10407221 (11)


ここがソーキそばを食べれる市場。モニュメントがいかしてます!!

P10407221 (12)

P10407221 (13)


変な写真だけ撮り(笑)、
他にも色々ドライブしてカンポグランジを見せてくれた。

日本の文化がある街。
もう少し居たかった。



P10407221 (8)


これは街中で見つけた「りんご飴」
俺の大好物なので、速攻購入した。



IMG_2650.jpg


ヒデオ君とはたったこの晩だったけど、本当に会えてよかったし、
楽しかった。(写真の「一番」扇子は54君からヒデオ君にプレゼント)

そんなカンポグランジに一泊し、
翌日は朝から南パンタナールに行くのだった。

ランキング参加しました。読んだらクリックお願いします→

サルバドール Salvador

Posted by Kafka7 on 07.2011 ブラジル Brazil   0 comments   0 trackback
6月30日のテレジーナ行きに乗り(55レアル=2800円)




7月1日の朝5時に到着。


俺らは次の目的地サルバドールに向かう予定だった。
サンルイスからサルバドール行きのバスがなく、地図を見てテレジーナという街に行けば中間だし、バスはあるだろうという安易な考え方で向かった。

着いてすぐ一軒しかないサルバドール行きの会社に向かったが、
朝早いのでまだ開いてなく、しばらく待った。

そして7時ごろ開いて聞いてみたが、14時発サルバドール行きは満員とのこと・・・



やばい・・・
俺らは時間がない・・・





何回も乗り換えては行けるようだが、かなり面倒くさそう・・・
困っているとそこのバス会社の兄ちゃんが、「分かった。ボスに聞いてみるよ。」と言って電話してくれた。
そしたら16時発で臨時バスを出してくれるとのこと。(168レアル=8700円)高いっ!


でもよかった。。。
助かった。



というかそもそもテレジーナに来たのは間違いだったかもしれない。
・・・
サルバドールの手前にある、フレイラ・デ・サンタナという街にサンルイスから直で行けば、
すぐ乗り換えて、サルバドールにいけたと思う。







そして16時まで暇・・・

特に行くところもないので、バスターミナルに留まる。
ラッキーなことにここでは野良wifiが使える。
16時までインターネットをしながら時間を潰し、なんとか乗車。





翌7月2日 朝11時に念願のサルバドールに到着。
バス停から少し歩いた市バス乗り場で「メルカド・サンタルシア」行きに乗車。



そして運転手に告げて、変な所で降ろされる・・・



一応セントロらしいが、、、なんだが、騒がしいぞ・・・


P10405971 (1)

P10405971 (5)

P10405971 (2)

P10405971 (4)

P10405971 (6)


あれ、カーニバルやってんの?

今は7月だぞ・・・

でも中々かわいい街並みだな。さすが世界遺産の街。
バイーア洲の州都であり元ブラジルの首都。黒人さんが多い街。
治安は悪いらしいが、まぁ気をつけて歩けば平気だろう。。。




後で聞いたが、7月2日はなんと、サルバドールの独立記念日だった。




そして俺らが向かおうとしてる、有名な「青い家」は写真の向こうの坂を登らなければならない。

(この時点で、反対の坂登って来ちゃって道も間違えてるし最悪。)

P10405971 (8)


この人ごみ・・・
めちゃくちゃパレード隊向かってくるし、観光客もすごい。


独立記念日が見れてラッキーなのか、アンラッキーなのかよく分からん。
とにかく重い荷物があるので、早くチェックインしたいぞ!
でもあそこを通るのか!?






行くしかない。。。






P10405971 (9)

P10405971 (10)

P10405971 (11)

P10405971 (12)

P10405971 (13)

P10405971 (14)



人並みを掻き分け、必死の思いで「青い家」を探し出し、非常避難・・・



P10405971 (15)

P10405971 (16)


やっと到着。
疲れた・・・





P10405971 (18)


宿から見ると表はこんな感じ。



P10405971 (17)

P10405971 (19)

P10405971 (20)


ここが噂に聞く、「青い家」のテラス。
綺麗だ。。。



この日は少しパレード見て、ビールだけ買って避難。

カーニバルは深夜まで続いていた。

P10405971 (21)

P10405971 (22)


ブラジル人・・・やはり只者ではないな。


P10405971 (24)

ブラジルのビール達。





翌日7月3日はとても静か・・・

P10405971 (23)

P10405971 (25)


昨日のパレードで皆さんお疲れなのだろう。




早速街を観光。

P10405971 (27)

P10405971 (28)

P10405971 (29)

P10405971 (30)

P10405971 (31)

P10405971 (32)

P10405971 (38)

P10405971 (33)

P10405971 (34)


エレベータに乗り降りる。

P10405971 (35)



降りるとすぐあるメルカド・モデーロで少しお買い物。

P10405971 (36)

P10405971 (37)

P10405971 (26)


土産も意外とかわいいものが揃っていた。




P10405971 (39)


これがバイーア洲の伝統衣装。



P10405971 (40)


アイスクリーム屋さんのおじさんもノリがいい。




サルバドールは最初のカーニバルが印象が強くて、後はあんまり観光してません。
まぁいいんだけど・・・


そんなサルバドールでは三泊し、翌日は飛行機に乗り次の目的地カンポ・クランジに一気に飛んだ。


最初はサルバドールからバスで考えていたが、それだと首都のブラジリアを経由して48時間はかかる。2日かかる!広いぞ、ブラジル!!


それは辛いし、時間ももったいない。


値段も飛行機で行くのと変わらない。
ご存知の方もいると思うがブラジルは国内線は安い。
TAM航空やGOL航空は有名。後AZUL Airだっけかな。
俺も去年TAMでイグアスからリオに飛んだし。バスより安かったかも。


インターネットで調べたら、
サルバドール → カンポ・クランジ(サンパウロ経由)でUS278ドル(23000円) 
もう少し早く買ってれば更に安かったかも。
今回の旅は本当に円高ドル安に感謝ですね。航空券全てドル建てで購入してます。
日本の経済には何一つ貢献してません。申し訳ない。


というわけで、ほとんど客のいない居心地のよい「青い家」を、
7月5日に出て、市バスで空港に向かった。

P10405971 (41)

P10405971 (42)


「青い家」からの夕日綺麗だったな~


ランキング参加しました。読んだらクリックお願いします→

  

プロフィール

Kafka7

Author:Kafka7
世界一周旅行から9カ月。

リベンジの中南米の旅を始めて、
250日後無事日本に帰りました。

最新トラックバック

旅の足跡

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。